田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.09.26 Wednesday

鳥飼南組祭礼団の米作り 2018.09.18

 

鳥飼南組祭礼団の米作り。
無事終了しました☆
最初から最後まで天候に恵まれず、最後には猪の襲撃に遭い慌ててバタバタの収穫。
試してんのか??ってぐらいに本当にいろいろ重なりました。
先日のハレノイチの打ち上げの会話の中で、

「そもそも祭と日本酒は切っても切れない関係にある。昔はその土地で育てたお米で酒を作り、そして奉納し御神酒となった酒の封を切る時その土地の菌が舞い、酒を飲み僕らも一緒になってこの土地と共に舞うんだ。」
という話を聞きました。この話は僕の中でグッときた。
それは僕達がお米を育て、いつか都美人さんに日本酒にしていただき奉納できる日を目標にしているからだ。
祭礼団の米作りの中でいろんなシーンがあった。
常に先輩達がカッコ良かったのと、誤解してたけどめっちゃイイ奴やったのと、いろいろ考えて動いてんのかと思いきやすっごいシンプルだったんですねと自分の腹黒さを突きつけられて恥ずかしくなったりとか。
書きながら気付いたけど僕はすでに満たされている。
きっと続けることでいろんなオマケがついてくる。
目標とはそんなモノかもしれない。
それは本当に有り難いモノだと思うけど、常に今の気持ちを見失わないようにあることの方を大切にしたい。
 

 

42085352_1886700884743862_1667591576035000320_o.jpg

 

41991076_1886701268077157_5753731549149265920_o.jpg

 

41951412_1886701021410515_7165985717414264832_o.jpg

 

42160655_1886701058077178_6481077040886841344_o (1).jpg

 

42144642_1886701108077173_4844356079162753024_o.jpg

 

42044665_1886701158077168_7506243772611559424_o.jpg

 

42194704_1886701411410476_160886966647259136_o.jpg

 

41851532_1886701451410472_7315174382853160960_o.jpg

 

 

#鳥飼南組祭礼団 
#亀の尾米 
#鳥飼八幡宮秋季大祭 
#都美人酒造

2018.09.11 Tuesday

稲刈り 南組祭礼団

 

先日は雨が降り続ける中、今春スタートを切った鳥飼南組祭礼団による米作りの稲刈りを行いました。

思い返すと御田植式当日も大雨警報が出る程の大雨の中、田植えを行いました。

田んぼに水を張り、除草作業を繰り返し、周囲の草刈り、そして収穫間際の台風二発。
見事にヤラレました。。

それでも何も言わずに手をさしのべて下さる先輩達と、忙しいはずなのに当たり前のように来てくれる祭礼団の仲間達。
過酷な状況でも集まれば難しい話はせずにとにかくふざけながら前に進んでいきます。
その姿が本当に有り難いし、頼もしいし、カッコイイし、感謝しかないです。
皆んなを見てると自分は本当に野暮だな〜と恥ずかしくなります。
鳥飼南組最高です。
いつもありがとうございます。

 

 

※収穫した亀の尾米(見事に育てる事ができた暁に)は酒探偵団の皆様の御協力を得て、都美人さんから清酒にしていただける予定です。


いつか御神酒として奉納させていただく日を目指します。

藁は鳥飼八幡宮秋季大祭の目玉でもある大綱引きの綱作りに使います。

毎年10月第三週目の日曜日は鳥飼八幡宮秋季大祭です。

ぜひぜひご覧くださいませ。

 

 

 

41447997_1876225422458075_7606035417883738112_o.jpg

 

41416350_1876225465791404_8968180322965389312_o.jpg

 

41452261_1876225519124732_3244983633353637888_o.jpg

 

41499490_1876225559124728_1228797281621245952_o.jpg

 

41532107_1876225595791391_1770135350451109888_o.jpg

 

41375456_1876225785791372_7846337399280893952_o.jpg

 

41395123_1876225632458054_979147007551602688_o.jpg

 

41405965_1876225755791375_6517343882173218816_o.jpg

 

41482776_1876225719124712_7032327078192087040_o.jpg

 

41462106_1876225682458049_4015316945950736384_o.jpg

 

 

 

 

 

 

#鳥飼南組祭礼団 
#亀の尾米 
#鳥飼八幡宮秋季大祭 
#移住者募集中 
#地域の付き合いは大切に

 

2018.07.04 Wednesday

除草作業 2018.7.3

 

 

昨日、皆様のご協力のお陰様で無事除草作業を終えることができました。

有吉くんと二人でスタートした田んぼも4年目を迎え、毎年いろんな人に助けて頂きながらなんとか乗り切っています。

ただただ感謝です。
大人になって、なかなかここまでハードな運動を繰り返すことはありません。
それを一日中一緒に過ごす仲間との距離は一気にぎゅっと縮まります。
これが一番のご褒美かもしれない。
何年も会っていない友人と居酒屋で再開するのもいいけど、田んぼを一緒にやるのもいいかもしれない。
部活ノリで。

 

20180703_2433232.jpg

 

20180703_2433256.jpg

 

20180703_2433230.jpg

 

20180703_2433231.jpg

 

20180703_2433235.jpg

 

20180703_2433236.jpg

 

20180703_2433237.jpg

 

20180703_2433238.jpg

 

20180703_2433239.jpg

 

20180703_2433240.jpg

 

20180703_2433241.jpg

 

20180703_2433242.jpg

 

20180703_2433260.jpg

 

20180703_2433261.jpg

 

20180703_2433262.jpg

 

20180703_2433243.jpg

 

 

面白いと思う感覚がその時その時違う。

前やったことが面白かったのでもう一度あれをと思っても最初の面白さに辿り着くことはもうない。

なので少しテーマを変えてとやってみたところでそれほどの感動に触れることはやはりない。

全く違うところに思いの向くままに飛び込んでいくしかないのだ。

とはいえ繰り返しの中で生まれる感動もある。

それが田んぼなのだ。

田んぼ4年生。

 

 

2018.06.11 Monday

除草作業 鳥飼南組祭礼団

おはようございます。

昨日は早朝より鳥飼南組祭礼団で田んぼの除草作業でした。

無事収穫した暁には藁は鳥飼八幡宮秋季大祭の目玉でもある大綱になります。

お米は酒探偵団の皆様のご協力をいただき、淡路島の蔵元都美人さんで清酒にしていただける日を目指していきます。






#鳥飼南組祭礼団

#御田植祭

#亀の尾米

2018.05.28 Monday

除草作業



先日、鳥飼南組祭礼団で行った「御田植式」に引き続き、

昨朝は皆んなで除草作業を行いました。






2018.05.28 Monday

4年目の田んぼ



今年の苗も順調に育ってくれています。


2018.05.09 Wednesday

籾蒔き

4年目の田植えに向けて籾蒔きしました。

山に入って腐葉土を集め、収穫したお米の籾殻くん炭を使っての苗床作り。

今年も身近にある素材で育てていきます☆





2018.03.26 Monday

籾蒔き 鳥飼南組祭礼団

今年から始める鳥飼南組祭礼団による御田植式(御田植祭)に向けて籾蒔きをしました。

皆んなで山に入って腐葉土を集め、籾殻燻炭と混ぜ苗床を作りました。

全てオーガニックで、

品種は古代米の亀の尾。

今年から始まる予定の淡路島蔵元による地酒プロジェクトに南組祭礼団も参加できますようにと祈りつつ、返事待ち状態でのフライングスタート!!!

僕達が作るお米がお酒になる日がくるかもしれません。


御田植式(御田植祭)は5月13日。

手探りではじまる僕達が作る新しいお祭りです。

淡路島移住に、五色町鳥飼に、就農にご興味のある方に向けての窓口になれたらという想いもあります。

ご興味のある方はぜひ!!

お待ちしています。








#鳥飼南組祭礼団

#御田植式

#御田植祭

2018.01.30 Tuesday

御田植式



今年からはじめる南組祭礼団による御田植祭。
皆んなで相談した結果まずは御田植式というカタチでスタートすることになりました。
偶然今年から動き出そうとしている淡路島の蔵元地酒作りプロジェクトに南組祭礼団の田んぼ関わらせていただける話も舞い込み俄然やる気に!
自分達の町を、土地に住む仲間達と一緒に盛り上げれることが嬉しい。
分かち合う場がすでにあることがありがたい。
まだなにもしてないけど既に十分幸せ、常に十分過ぎる。
植え終えた田んぼを眺めながら皆んなで呑む酒を思うとにやけてくる。
稲が成長する度に、仲間と顔を合わす度に田んぼの話題になるのは間違いない。
そして収穫の時期には地域を上げての鳥飼八幡宮秋季大祭がやってくる。
今季の僕達の意気込みは違って当然。
その時に自分達の米で作られた酒を呑む日がいつかやってくる。
その一部始終を伝えていきたい。
その姿に共鳴してくれる移住者を僕達は待っています。

#鳥飼南組祭礼団
#今年は御田植式


2017.11.30 Thursday

藁灰

今年も友人が育てた無農薬、無化化学肥料で育てた餅米の藁を燃やして灰にしました。

樂久登窯で焼く器の半分以上はこの藁灰を釉薬として使っています。

今年もありがとうございました。

 

24130325_1543791555701465_8061963200505647075_o.jpg

 

23926255_1543791579034796_602690864743654197_o.jpg

 

 

Powered by
30days Album