田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.06.10 Monday

除草作業@鳥飼南組祭礼団

 

昨日は早朝より鳥飼南組祭礼の仲間達で田んぼの除草作業でした。

今年は無事収穫出来ますように!

 

62222982_2320006874746592_760859190267740160_o.jpg

 

62251507_2320007118079901_6091023731860176896_o.jpg

 

62253524_2320006988079914_3419029228744605696_o.jpg

 

62339416_2320007174746562_2747373270809444352_o.jpg

 

62429173_2320006938079919_6157298968477827072_o.jpg

 

62480036_2320007081413238_1639957962610966528_o.jpg

 

62805335_2320007034746576_6317183592837414912_o.jpg

 

#亀の尾米
#鳥飼南組祭礼団

2019.05.27 Monday

除草作業@鳥飼南組祭礼団

 

おはようございます!

昨日は早朝より鳥飼南組祭礼団の仲間達で田んぼの除草作業&苗が足らず植え残していた箇所のお田植えでした!!

今季の鳥飼八幡宮秋季大祭にも良い藁を納めることが出来ますように。

そして来年も亀の尾米を都美人さんより日本酒にしていただけますようにと祈りつつ。

 

61041615_2293797240700889_3137542621262512128_o (1).jpg

 

61596519_2293797290700884_7902729147351302144_o.jpg

 

61603396_2293797347367545_5075152194127265792_o.jpg

 

61051852_2293797390700874_2394658148301406208_o.jpg

 

61390959_2293797464034200_1914278515943931904_o.jpg

 

 

2019.05.13 Monday

御田植祭

おはようございます。

今日の読売新聞に僕が所属する鳥飼祭礼団の取組みと隣町の若手農家塩田くんの農業に対する熱い想いを記事にしていただいています。

地域あってこその樂久登窯です。

今ここにある素晴らしい環境を少しでも先に繋いでいけるように、一歩一歩踏み出していけたらと思います。

ぜひ、ご一読下さいませ。






#鳥飼南組祭礼団

2019.04.10 Wednesday

田んぼの準備 2019.04.07

 

 



鳥飼南組祭礼団 「ここがじもと」御田植祭に向けて始動!!

 

 

 

56657303_2184220248325256_2171767539120472064_o.jpg

 

56728362_2184220301658584_2024061221514248192_o.jpg

 

56830055_2184220411658573_6570392788477673472_o.jpg

 

57118247_2184220448325236_7905210225404149760_o.jpg

 

 

 

 

 

#鳥飼祭礼団 
#御田植祭 
#ここがじもと

2019.01.29 Tuesday

お田植え祭〜日本酒へ

 

 

 

一年前の今日。

祭礼団の仲間達でお田植え祭をスタートさせ、収穫した米藁は大綱作りに、お米はいつの日か都美人酒造さんで日本酒にしていただこう。
将来的には僕達が関わった日本酒を奉納し、祭礼団で作ったお酒を御神酒として秋季大祭に挑もうと夢を語り合いました。

それから一年が経ちました。
酒探偵団の皆様が数十年続けて来られた日本酒を広める活動を軸に、隣町の鮎原で自然農に取り組むボンバー、都美人さん、本当に大勢の皆様の情熱の元、祭礼団員で語り合った夢がカタチを成しはじめています。
本当に有り難いです。

祭礼団の先輩は兄のようで、年下は可愛い弟で、誰もが頼りになる家族のような存在になりました。

その皆んなが同じ土地に住んでいて、一つの田んぼを耕し、祭を盛り上げてこの土地を守っていこうという気持ちです。
自分に家族が出来て、子供達を育てていく上でこれほど心強いことはないです。

この土地を守り続けて下さっている大先輩達の背中を毎日見ています。
言葉で伝える人は誰もいませんが、ずっとずっと前から同じような気持ちで見守って下さっていたのかもしれないと、頭が下がります。
父であり、母であり、祖父であり、祖母、ご先祖となっていくのだと実感します。

流れが来ています。

バトンを渡されるのも今を走れることもこの先渡していける事もこの土地に住む全てが幸せです。

 

 

2018.10.25 Thursday

稲刈り2018.10.23

 

田んぼを始めて四年目を迎える今年。
今季は南組祭礼団による米作りと、自分達の田んぼと二箇所でお米を育てました。
この場所でいろんな出会いが生まれ繋がっています。
とても貴重な時間です。

お陰様で今年も無事に収穫を迎えることができました。
ご協力いただきました皆様ありがとうございました!!

 

 

20181023_2500310.jpg

 

20181023_2500292.jpg

 

20181023_2500293.jpg

 

20181023_2500311.jpg

 

20181023_2500312.jpg

 

20181023_2500296.jpg

 

20181023_2500297.jpg

 

 

2018.09.26 Wednesday

鳥飼南組祭礼団の米作り 2018.09.18

 

鳥飼南組祭礼団の米作り。
無事終了しました☆
最初から最後まで天候に恵まれず、最後には猪の襲撃に遭い慌ててバタバタの収穫。
試してんのか??ってぐらいに本当にいろいろ重なりました。
先日のハレノイチの打ち上げの会話の中で、

「そもそも祭と日本酒は切っても切れない関係にある。昔はその土地で育てたお米で酒を作り、そして奉納し御神酒となった酒の封を切る時その土地の菌が舞い、酒を飲み僕らも一緒になってこの土地と共に舞うんだ。」
という話を聞きました。この話は僕の中でグッときた。
それは僕達がお米を育て、いつか都美人さんに日本酒にしていただき奉納できる日を目標にしているからだ。
祭礼団の米作りの中でいろんなシーンがあった。
常に先輩達がカッコ良かったのと、誤解してたけどめっちゃイイ奴やったのと、いろいろ考えて動いてんのかと思いきやすっごいシンプルだったんですねと自分の腹黒さを突きつけられて恥ずかしくなったりとか。
書きながら気付いたけど僕はすでに満たされている。
きっと続けることでいろんなオマケがついてくる。
目標とはそんなモノかもしれない。
それは本当に有り難いモノだと思うけど、常に今の気持ちを見失わないようにあることの方を大切にしたい。
 

 

42085352_1886700884743862_1667591576035000320_o.jpg

 

41991076_1886701268077157_5753731549149265920_o.jpg

 

41951412_1886701021410515_7165985717414264832_o.jpg

 

42160655_1886701058077178_6481077040886841344_o (1).jpg

 

42144642_1886701108077173_4844356079162753024_o.jpg

 

42044665_1886701158077168_7506243772611559424_o.jpg

 

42194704_1886701411410476_160886966647259136_o.jpg

 

41851532_1886701451410472_7315174382853160960_o.jpg

 

 

#鳥飼南組祭礼団 
#亀の尾米 
#鳥飼八幡宮秋季大祭 
#都美人酒造

2018.09.11 Tuesday

稲刈り 南組祭礼団

 

先日は雨が降り続ける中、今春スタートを切った鳥飼南組祭礼団による米作りの稲刈りを行いました。

思い返すと御田植式当日も大雨警報が出る程の大雨の中、田植えを行いました。

田んぼに水を張り、除草作業を繰り返し、周囲の草刈り、そして収穫間際の台風二発。
見事にヤラレました。。

それでも何も言わずに手をさしのべて下さる先輩達と、忙しいはずなのに当たり前のように来てくれる祭礼団の仲間達。
過酷な状況でも集まれば難しい話はせずにとにかくふざけながら前に進んでいきます。
その姿が本当に有り難いし、頼もしいし、カッコイイし、感謝しかないです。
皆んなを見てると自分は本当に野暮だな〜と恥ずかしくなります。
鳥飼南組最高です。
いつもありがとうございます。

 

 

※収穫した亀の尾米(見事に育てる事ができた暁に)は酒探偵団の皆様の御協力を得て、都美人さんから清酒にしていただける予定です。


いつか御神酒として奉納させていただく日を目指します。

藁は鳥飼八幡宮秋季大祭の目玉でもある大綱引きの綱作りに使います。

毎年10月第三週目の日曜日は鳥飼八幡宮秋季大祭です。

ぜひぜひご覧くださいませ。

 

 

 

41447997_1876225422458075_7606035417883738112_o.jpg

 

41416350_1876225465791404_8968180322965389312_o.jpg

 

41452261_1876225519124732_3244983633353637888_o.jpg

 

41499490_1876225559124728_1228797281621245952_o.jpg

 

41532107_1876225595791391_1770135350451109888_o.jpg

 

41375456_1876225785791372_7846337399280893952_o.jpg

 

41395123_1876225632458054_979147007551602688_o.jpg

 

41405965_1876225755791375_6517343882173218816_o.jpg

 

41482776_1876225719124712_7032327078192087040_o.jpg

 

41462106_1876225682458049_4015316945950736384_o.jpg

 

 

 

 

 

 

#鳥飼南組祭礼団 
#亀の尾米 
#鳥飼八幡宮秋季大祭 
#移住者募集中 
#地域の付き合いは大切に

 

2018.07.04 Wednesday

除草作業 2018.7.3

 

 

昨日、皆様のご協力のお陰様で無事除草作業を終えることができました。

有吉くんと二人でスタートした田んぼも4年目を迎え、毎年いろんな人に助けて頂きながらなんとか乗り切っています。

ただただ感謝です。
大人になって、なかなかここまでハードな運動を繰り返すことはありません。
それを一日中一緒に過ごす仲間との距離は一気にぎゅっと縮まります。
これが一番のご褒美かもしれない。
何年も会っていない友人と居酒屋で再開するのもいいけど、田んぼを一緒にやるのもいいかもしれない。
部活ノリで。

 

20180703_2433232.jpg

 

20180703_2433256.jpg

 

20180703_2433230.jpg

 

20180703_2433231.jpg

 

20180703_2433235.jpg

 

20180703_2433236.jpg

 

20180703_2433237.jpg

 

20180703_2433238.jpg

 

20180703_2433239.jpg

 

20180703_2433240.jpg

 

20180703_2433241.jpg

 

20180703_2433242.jpg

 

20180703_2433260.jpg

 

20180703_2433261.jpg

 

20180703_2433262.jpg

 

20180703_2433243.jpg

 

 

面白いと思う感覚がその時その時違う。

前やったことが面白かったのでもう一度あれをと思っても最初の面白さに辿り着くことはもうない。

なので少しテーマを変えてとやってみたところでそれほどの感動に触れることはやはりない。

全く違うところに思いの向くままに飛び込んでいくしかないのだ。

とはいえ繰り返しの中で生まれる感動もある。

それが田んぼなのだ。

田んぼ4年生。

 

 

2018.06.11 Monday

除草作業 鳥飼南組祭礼団

おはようございます。

昨日は早朝より鳥飼南組祭礼団で田んぼの除草作業でした。

無事収穫した暁には藁は鳥飼八幡宮秋季大祭の目玉でもある大綱になります。

お米は酒探偵団の皆様のご協力をいただき、淡路島の蔵元都美人さんで清酒にしていただける日を目指していきます。






#鳥飼南組祭礼団

#御田植祭

#亀の尾米

Powered by
30days Album