田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.07.13 Thursday

田んぼの除草作業 2017.07.11

 

田んぼ除草作業の様子です。
全く何も知らないところから、有吉くんや地元農家のレジェンドの皆様にいろいろ教わりながら、助けて頂きながら、本当に本当に少しづつですが前進しております。
今年は新たな助っ人の皆様のお陰様で順調に進んでいます!
大変な作業も、皆で食べるカレーも、綺麗になった田んぼを眺める時間も全て至福です。
皆様ありがとうございました〜☆

 

 

20170712_2143391.jpg

 

20170712_2143392.jpg

 

20170712_2143409.jpg


6月20日に一本植えした苗は8〜10本に分けつしており自然の力を実感しています。

 

20170712_2143393.jpg

 

20170712_2143394.jpg

 

20170712_2143395.jpg

 

20170712_2143396.jpg

 

20170712_2143397.jpg

 

20170712_2143398.jpg

 

20170712_2143399.jpg

 

20170712_2143400.jpg

 

20170712_2143401.jpg

 

20170712_2143402.jpg

 

20170712_2143403.jpg

 

20170712_2143404.jpg

 

20170712_2143405.jpg

 

20170712_2143406.jpg

 

20170712_2143408.jpg

 

20170712_2143407.jpg

 

 

2017.06.26 Monday

人生三度目の田植え 2017.06.20

今年は家族みんなで田植えをしたいという願いが叶いました。

自分達で育てたお米で一年間のご飯を食べる。
玄米で食べたり、七分づきで食べたり、土鍋で炊いてみたり、
細やかなことが、こんなにも有り難いという実感を得るために必要なのは体験。
体験がこそが全て
そんなこんなを少しづつですが、家族で実践できる環境にただただ感謝いたします。
地域の皆様、豊かな光景を維持して下さる先人の皆様、やってみたいを実現に向かわせてくれる仲間達と家族。
いつもいつも本当にありがとうございます!

 

20170621_2123924.jpg

 

20170621_2123925.jpg

 

20170621_2123926.jpg

 

20170621_2123927.jpg

 

20170621_2123928.jpg

 

20170621_2123929.jpg

 

20170621_2123930.jpg

 

20170621_2123931.jpg

 

20170621_2123932.jpg

 

20170621_2123933.jpg

 

20170621_2123934.jpg

 

20170621_2123935.jpg

 

20170621_2123936.jpg

 

20170621_2123937.jpg

 

20170621_2123938.jpg

 

20170621_2123939.jpg

 

20170621_2123940.jpg

 

20170621_2123941.jpg

 

20170621_2123942.jpg

 

20170621_2123943.jpg

 

20170621_2123944.jpg

 

20170621_2123945.jpg

 

20170621_2123946.jpg

 

20170621_2123947.jpg

 

20170621_2123948.jpg

 

20170621_2123949.jpg

 

20170621_2123950.jpg

 

20170621_2123951.jpg

 

20170621_2123952.jpg

 

20170621_2123953.jpg

 

20170621_2123954.jpg

 

20170621_2123955.jpg

 

20170621_2123956.jpg

 

20170621_2123959.jpg

 

20170621_2123960.jpg

 

20170621_2123961.jpg

 

20170621_2123963.jpg

2017.05.13 Saturday

籾蒔き。。 2017.05.09

裏山の竹藪。

昨年腐葉土を集めた場所ではほとんど採れ無かったので、少し場所を移しました。

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.13 Saturday

籾蒔き 2017.05.09

 

田んぼをはじめて今年で3年目を迎えました。

とはいえ、ほとんど仲間に頼りっぱなしで無知もいいところですが、、

それでも作業をはじめるとそう、そう、と、少しづつ段取りを思い出します。

裏の竹藪で集めてきた腐葉土と籾殻燻炭と堆肥を混ぜて床土作り。

毎年、試行錯誤しながら少しづつ配合を変えていきます。

もちろんオーガニックで、

陶芸と似たような作業もあるけど、普段掘っている土とは全く異なるので新鮮です。



20170510_2081017.jpg

 

20170510_2081018.jpg

 

20170510_2081019.jpg

 

裏の竹藪から集めてきた腐葉土と燻炭と堆肥を混ぜていきます。

毎年材料や混ぜる割合を変えて試行錯誤しています。

 

20170510_2081020.jpg

 

20170510_2081021.jpg

 

20170510_2081022.jpg

 

20170510_2081023.jpg

 

 

2016.11.25 Friday

脱穀 2016.11.2

 

 

 

 

2016.11.25 Friday

田んぼのお弁当。

 

稲刈りの途中に食べる弁当は美味しかったな〜

昨年初めて自分達で収穫したお米で作ってくれた稲荷寿司に、タコ飯おにぎり。
そりゃあ、力も沸いてくるってもんです。

 

 

 

 

2016.11.25 Friday

稲刈り 2016.10.25

ちょうど一月前。

人生二度目の稲刈りでした。
毎日新米を美味しく頂いています。
土地を守って来られた先人の皆様。
温かく見守って下さる地元の皆様。
そして全くやったことも知識も何にもないところから、一緒に田んぼをやってくれた仲間の皆本当にありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.08.16 Tuesday

 

本当に久しぶりに田んぼに行ってきました。

 

もう、自分は田んぼをしている。とは言えないぐらいに、
仲間に頼りっぱなしの毎日ですが、、
友人と地域の皆様のお陰様で、
こうやって体感してみたかった景色を贅沢に味わうことができています。
いつもありがとうございます!!
調子良すぎですが今年も収穫が楽しみだ〜♪

 

 

 

 

2016.06.29 Wednesday

丹羽式中排除草機

地元の農家さんから使わなくなった除草機を頂きました。

僕達が無農薬でトライしている田んぼ作業を見かねて、

「ワシが昔使っとたヤツまだ使えるから持ってきたろ!」

と、一言。
ありがとうございます。
今年は新たな仲間も加わり、ちょうど除草機が足りていなかったので本当に助かります。
かれこれ30年以上まえの代物になるのでしょうか?
昔は皆さんこの作業をされていたんですね。

 

 

 

 

 

 

 

年期入っていますが頑丈な作り。

まだまだ使えそうです!

 

先人のマインドを引き継ぎボチボチがんばります。

 

 

先人が使われていた道具を引き継ぎ、同じ身体動作を繰り返す中。

過去に想いを馳せてみる?

そんな事を思って作業をしてるわけでもないし、そんな思いで田んぼを始めたわけでもないけど、

実はそんな事をしてるのかもしれないと思うのです。

 

 

今では訪れる人のいなくなった古い図書館に足を運んでは、

身体で読み、薄まった自分を色濃くしてやろうとしている。

輪郭をなぞっていく。

その事が楽しいのです。

 

 

一部橘さんのコラムを引用させていただきました。

そうそう!と、いつもはっとする言葉をタイムリーに投げかけてくれる僕の先生です。

ぜひ、ご一読下さいませ。

「ぼくが農家になった訳」

 

2016.06.27 Monday

早朝の田植え

 

田んぼ初心者の僕がTajに田植えを教えてきました。

人に何かを教えるという事は、自分を成長させてもらう事だなと、つくづく実感する日々です。

言葉が通じなくても、伝えたい気持ちと、学びたいという想いがあれば前に進むんですね。

 

 

 

 

黙々と手植えをするTaj

一列ごとに苗の並びが綺麗になっていきます。

 

毎朝の除草作業に加えて、自分が植えた苗の成長も追いかけていく。

収穫まで体験してほしいところではありますが、それは次回のお楽しみ。

 

あっ、2年後。
大学卒業後に正式に弟子として戻ってくると言っています。
はてさて、どうなるかな〜

 

 

Powered by
30days Album