田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.09.23 Saturday

オムレツ皿とパスタ

 

少し前に南海荘さんに納品させて頂いた器。

オムレツ皿をとても素敵に使って下さっているので、
南海荘・竹中さんのブログから写真を拝借してご紹介させていただきます。

 

 

鱧のパスタ

 

 

まるあじと万願寺のパスタ

 

 

オムレツ皿

 

 

 

2017.08.19 Saturday

オムレツ皿制作中

 

只今、工房ではオムレツ皿を制作中です。

いつもお世話になっている南海荘さんで使って頂く予定です。

 

 

 

 

【8月の定休日のお知らせ】


◆8月21、22、23、24、25日。


gallery&cafe、夏休みをとらせていただきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

2017.07.16 Sunday

オムレツ

 

お隣さんの放し飼い有精卵をたっぷり使った贅沢なオムレツ。

自家製トマトソースに再選野菜を添えて。

 

 

こちらは長野の旅にて木工家・柏木 圭さんから頂いた貴重なオムレツ専用のフライパン。

業務用のフライパンだそうですが、お父様が使われていたモノを、上京の際に20代の圭さんが引き継ぎ、今までオムレツを焼くのに使用されてきたフライパンです。
時と場所を変え、我が家で大切に引き継がせて頂いております。

 

 

 

◇器:八寸オムレツ皿

 

 

 

2017.05.08 Monday

溜まり

先日、焼き上がったオムレツ皿で様々な料理を試しています。

どのお料理も食べ終わると、姿を現す器の底の窪みに全ての出汁が溜まります。

溜まった出汁をバゲットに付けて食べたり、スプーンですくっていただいたりと、

なにかもっと面白い食べ方はないかな?と、興味をそそる器です。

 

この器を納品させて頂いている平松食堂さんではなにやら面白い食べ方を提案して下さる様で楽しみです。

 

食べる事と器を作ることが、自然とつながり始めています。

いろんな器を焼きたいという思いが益々強くなっています。

次はスープカップを、その前に土を掘りに行ってきます。

久しぶりの土堀、こちらも楽しみです。

 

 

 

 

 

 

2017.05.01 Monday

オムレツ皿

 

オムレツ皿。ついに完成いたしました。

釉薬は最近お気に入りの泥灰釉で焼き上げました。
淡路島の原料で焼き上げています。
早速、オムレツを盛り付けてみました。
卵はお隣さんの放し飼い鶏の有精卵。
パクチーは友人の菅原くんが育てたオーガニック。
器は身近にある原料で、
食材は自然とお付き合いがはじまり親しくさせて頂くようになった方からの頂きもの。
その全部がここにしかなないものだと気づく度に心底贅沢だな〜感謝しています。

 

 

 

 

2017.04.20 Thursday

オムレツ皿制作スタート!

 

以前少し紹介したオムレツ皿。

ようやく制作スタートです。
取り掛かる前に、お隣さんが鶏を飼う様子、大切に育てた卵でいろんな料理を味わうことができた事。
そんな体験が本当に有り難い。
焼けたら店頭にも並べる予定ですが、家に持ち帰っていろんな料理を試してみたいです。
もちろん、フライパンの蓋として使い、それをひっくり返してオムレツを皿に盛る。
まずはルーツを辿りたいと思います。

 

 

 

2017.04.19 Wednesday

オムレツ

お隣さんから頂いた卵と野菜でお昼ご飯。

卵もお野菜も濃厚で、本当に贅沢な一品です。

 

 

 

泥灰釉掛け分け七寸皿

 

 

2017.04.18 Tuesday

雛が孵る

今日も早朝から草刈り&竹藪の手入れを、
これで二日続けることに成功しました。
朝これをすると一日が気持ちよく過ごせる。
綺麗になっていく野山を眺めて、今から作る畑を想像してみる。
めっちゃウキウキする。
いろんな野菜を植えていろんな料理を作りたい。
僕は作らないんだけど、、
いつか知人や友人をよんで振舞いたい。
もうすぐ子供たちの料理教室も始まる。
嬉しい。
家族でマーケットにも出店したい。
そのためにカッコイイ什器を揃えていくのも楽しみだ。
何で出店するのか毎日考えている。
パン屋、コーヒー、焼き菓子もいい。
その為の器を考えるもいい。
5月に「島の食卓」に家族皆で遊びに行く。
自分たちがやれそうなことを探すのだ。

烏骨鶏の有精卵でオムレツなんかもいいかもしれない。
今日は工房でオムレツ皿を作る。

今回は何でも自分でやってしまうスペシャルなお隣さんのほんの一コマ。
スゴイ人は至る所に居る。

 

 

お隣さんが飼われている、烏骨鶏の雛が孵るところです。

 

 

 

 

お次は原木しいたけ。

肉厚で香りがいい。

網で焼いて醤油をたらしていただいてます。

贅沢。。

 

 

 

皆さんに教わりながら、少しずつ家でもやってみたいです。

 

2017.03.31 Friday

お隣さんの卵

やろう、やろう、と思いながら手つかずにいた野山の手入れを少しづつ始めました。

一日竹を刈りこんで、ようやくお隣さんとの行き来が可能になりました。

ほとんど、お隣さんが刈って下さったのですが、、

ありがとうございます。

 

 

丘を越えて姿を現すのは綺麗に手入れされた畑と果樹、その周りを気持ちよさそうに走り回る鶏達。

卵から孵って間もない雛と、もうすぐ孵ろうとする卵達。

まさに楽園。

 

 

小さな畑、その周りを気持ちよさそうに走り回る鶏。

そんな景色を僕らも作ろうとしている。

 

産みたての卵を、朝起きたら目の前の畑に採りに行って、

すぐさまフライパンに火をかけて、オムレツを焼く。

そして僕はオムレツ皿を作るのだ。

 

オムレツから染み出た出汁をバケットですくって食べる。

これがめちゃくちゃ旨い!

やったことないけど、

イメージは膨らんでいく。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.05.14 Saturday

美味しいタマゴ

美味しいタマゴを食べたい。
タマゴが美味しいと嬉しい。
朝食の目玉焼きが一味も二味も変わってしまう。。

岡野さんのタマゴ。
平飼い、有精卵

いつか自分でも育ててみたい
庭に鶏を放して、朝食前に卵を鶏小屋にもらいに行くんだ。
熱々の鉄のフライパンに、
ぱかっと割った卵をおとすとジュッ!
いい音がする。
 

 
斉藤さんのお米で、タマゴかけご飯いかがですか。

 
Powered by
30days Album