田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.06.18 Sunday

パン窯づくり

 

妻の趣味のパン作が側で見ていて面白いので、もう少し本格的に石窯で焼いてみたくなりました。

 

20170615_2118109.jpg

 

20170615_2118110.jpg

 

20170615_2118111.jpg

 

20170615_2118112.jpg

 

パン作りは全て妻がするのですが、

今回は窯で焼くという事で焼きは僕が担当することになりました。
生地がどのようになれば良いのか?
窯の様子を見ながら、妻の反応を窺いながらの火入れ。

 

20170615_2118114.jpg

 

20170615_2118115.jpg

 

第1作目。表面は焦げましたが、中はとてもエアリーに。

オーブンでは絶対焼けなさそうな質感だそうです。

窯ならではの焼き上がりに。

 

20170615_2118116.jpg

 

20170615_2118118.jpg

 

20170615_2118130.jpg

 

カンパーニュは膨らみ切らず焦げてしまいました。。

遅くまでごはんを待っていてくれた子供たちと夜食にパスタ。

 

20170615_2118124.jpg

 

2日目。もう一度カンパーニュに挑戦!

 

20170615_2118131.jpg

 

20170615_2118119.jpg

 

ん?もしかしてちょっといい感じちゃう?!

 

20170615_2118120.jpg

 

ふっくら焼き上がりました!ちょっと底が焦げてしまったので、下火の調整が必要そうです。

欲をいえばクープももっとはじけてほしい!

 

20170615_2118132.jpg

 

テリーヌやなます、ハーブ系を挟んでいただきました。

 

20170615_2118122.jpg

 

これからしばらくは石窯で焼くパンの研究が続きそうです。

どうやら窯の構造を変えた方が良さそうです。

次は一層式の窯で挑戦!!

 

20170615_2118133.jpg

2017.06.08 Thursday

Campagne & Terrine

 

妻の趣味のパン。

どうしても器の焼き具合を見るような目で見てしまいます。

小麦粉が焼かれた姿もなかなか美しいです。

 

 

こちらはハレノサラ・小浜シェフ直伝のテリーヌ。

19世紀・南仏で焼かれていたテリーヌポットをモチーフに再現した土鍋で、

 

 

 

2017.06.04 Sunday

bánh mì

 

焼きたてのカリッとしたバゲットにたっぷりの具材をはさんでみました⭐︎

大根、にんじん、きゅうりのなます

豚肉のテリーヌ(小浜くんから教えてもらったレシピで)

きゅうりとラディッシュの薄切り、パクチーたっぷり

仕上げに玉ねぎのドレッシング(玉ねぎのみじんぎりを漬け込みます)とナンプラー

これはくせになるかも。。頬張るほどにパンと具材が馴染んでおいしくなっていくのが不思議⭐︎

今日はバゲットに米粉(菜音ファーム)を少し入れてみました。

 

 

 

 

器:泥灰釉七寸パン皿

 

 

 

2017.05.14 Sunday

スープカップ

 

スープカップ制作中。
子供の小さな手だと、両手でしっかりと包み込んでおかないと落としてしまいそうなサイズ。
今から付けていくハンドルを持つのも好いし、抹茶をいただく様な姿で高台を手のひらに乗せてもう片方の手を添えてスープをいただくのも好い。

 

茶碗のようなスープカップを作りたい。

 

不意にやってきては無償で満たし続ける幸福感に興味がある。

今月末、料理人・シンセ君に子供達がスープの作り方を教えてもらえることになった。

そして僕はスープカップを無性に作りたくなった。

 

焼き上がりも楽しみだけど、出来上がったスープをこのカップに入れて、

子供達がスープをいただく姿が見たい。

ハンドルを握るのか?
両手でスープカップを包み込むのか?
はたまた、、

 

幸福感は不意にやってくるのだ。

 

 

 

2017.05.07 Sunday

パンとコーヒーで綴る日々

 

毎朝はパンとコーヒーからはじまります。

妻が焼いたパンに友人が育てた野菜を挟んで食べたり、

お隣さんの拘りの卵を焼いて挟んでおかわりしたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

少し食べ方を変えてみる。

 

 

友人がお土産に買ってきてくれたバターを塗って、そのうえに昨年の春蜜を贅沢に垂らし頬張る。

 

 

たまたま旅先で入ったパン屋さんが樂久登窯の器を使って下さっていたり、

不思議なご縁で持ち帰ってきたパンの盛り合わせ。

 

 

旅先で出会ったコーヒー屋のおじさんに焙煎を教わりほんの少しだけコツをつかみ始めたり、

次はどこの豆を買おうか。

 

 

クロワッサンは市販モノ。

 

 

 

 

2017.04.20 Thursday

天然酵母・全粒粉バケット

 

昨日は一日中竹藪の手入れをしていました。
すればするほどに景色が変わり、同時に小さな畑を作ろうという思いが現実に近づいてくる。
そんな傍ら、妻の趣味のパン。
僕はパンのことについてほとんど何も分かっていないけど、素晴らしい仕事をしていることだけは分かる。
そして、徳島のMERCI COFFEEさんからいただいた全粒粉とケールチップ、これまた素晴らしい仕事をされている。
知識として何がどうだということは分からないが、これが好いモノだというのは頭を使うまでもない。
美味しいし、カッコイイし、その周辺の道具にも一層興味が湧いてきたぞ〜!!

 

 

 

 

 

発酵中。。

 

ケールチップ入り。

 

 

ワイルドベリー入り。

 

 

ワイルドベリー入り天然酵母・全粒粉バケット。

 

 

ケールチップ入り天然酵母・全粒粉バケット。

 

 

今回も全粒粉とケールチップは徳島のMERCI COFFEEさんからの頂きものを使わせていただきました。

どちらもコクがあり、しっかりと素材を味わうことが出来ます。
丁寧な仕事と拘りが伝わってきます。
再会の際にはそんなお話もさせていただきたいです。
好い仕事は気持ちがいいですね。
今日もありがとうございます。

 

 

2017.04.10 Monday

豆を煎る

City roast x High roast

 

 

パンと同じく豆の焙煎具合を見るのも楽しい。

飲む前から煎り具合で味を想像する時間も楽しむ。
焙煎の基本は8段階に分けることができるそうです。

1、ライトロースト(Light roast)
2、シナモンロースト(Cinnamon roast)
3、ミディアムロースト(Medium roast)
4、ハイロースト(High roast)
5、シティロースト(City roast)
6、フルシティロースト(Fullcity roast)
7、フレンチロースト(French roast)
8、イタリアンロースト(Italian roast)
焙煎時間は、ライトローストの方は焙煎時間が短く、
イタリアンローストになっていくにつれて焙煎時間は長くなっていきます。


豆の色変化は、ライトローストの方は色が明るく、
イタリアンローストになるにつれて黒に近づいていきます。


味の傾向は、ライトローストの方は酸味が強く、
イタリアンローストになっていくにつれて苦味が強くなっていきます。
2017.04.10 Monday

小麦粉を焼く

 

MERCI COFFEEさんからいただいたケールチップを混ぜたバケットが焼き上がりました☆

こんがり焼けて弾けた隙間からケールのグリーンが姿を現し、いつもとは違う雰囲気のバケット。

 

 

 

パンの焼き上がりを見る時、まるで窯出しされた器を見るように鑑賞してしまいます。

うん、好い焼き具合、美味しそう。
そうそう、器は食べることはできないけど、良い焼きの器の土味なんかはカリッと美味しそうに焼けたな、とか思っています。
焼き物好きなら多分この言葉でピンと来てくれる人は多いはず。
パンは僕が焼いているのではなく、妻の趣味なのですが、
側で見ながら食べれるのは本当に贅沢です。

 

2017.04.08 Saturday

なたね油ドーナツ

 

五色町の「菜の花畑」

 

淡路島では平成13年から「なのはな・ひまわりエコプロッジェクト」がスタート。

 

詳しくは→黄色いテーブル http://www.kiiro-i-table.com

 

 

 

 

 

 

 

 

新作のパン皿で

 

 

2017.04.08 Saturday

Good Morning !

 

新作のパン皿で

 

 

 

Powered by
30days Album