田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.10.20 Friday

ダンジリ丸ごと干し

 

先日の晴れ間に、ビショビショになったダンジリを小屋から出して乾かしていたら、
たまたま散歩に来た鳥飼幼稚園のモモ組さんが大喜びで見学してくれました☆
皆んな雨の中、祭りを見に来てくれていたそうです。
その後、続いて黄組さんの皆んなも見学に来てくれました♪
みんなありがとう!!

 

 

 

 

 

 

 

2017.10.18 Wednesday

鳥飼八幡宮秋季大祭 本祭 2017.10.15

おはようございます。


祭りを終えて三日目の朝。


ようやく鳥飼に陽が差しています。


気持ちを切り替えようと思いながらも祭りの余韻を引きずりながら工房で釉薬を掛けています。

今年は「食のわ」の神瀬君も手伝い団員として祭りに参加してくれました。嬉しかったです。

800年続く祭りに更なる年輪を刻もうとする鳥飼の歩みに立ち会う時。

その時を皆さんと共有することで普通では到底追いつかない、時空を超えた膨大な情報と経験を身体が吸収しようと動き始めます。

神様も先人達も巻き込み鳥飼全土に結界を張り巡らしていく道中は、移り行く景色と、変わらぬ景色の間に立つ自分を見つめる時間となりました。

今年も本当にありがとうございました。

当日の様子をどうぞご覧ください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
入団12年目を迎えた今年
南組祭礼団支部長という大役を任せていただくことになりました。
最初で最後の大役
大祭当日の天気は雨、、
早朝から各支部長が社務所に集まり、

御旅に出るかどうか、慎重に話し合いを繰り返すところから始まりました。

時間ギリギリまで話し合った結果、御旅に出ることに決まりました。
安全第一で!
とにかく、とにかく、怪我のないように、、
「御安全に!」の合い言葉で、終日緊張の糸を張り続けていきました。
入団12年目の祭り。
大役の年は今までに経験したことのないほどの独特の緊張感と重々しい空気の中始まりました。

 

 

20171016_2230151.jpg

 

20171016_2230152.jpg

 

20171016_2230153.jpg

 

今年は息子と姪っ子も、子供神輿を担いで一緒に御旅をできる唯一の年でもありました。

 

20171016_2230154.jpg

 

恒例になりつつある、厄年の人達による餅蒔き。

 

20171016_2230155.jpg

 

20171016_2230156.jpg

 

20171016_2230157.jpg

 

なっちゃん、ゆはちゃんはアイスクリーム。

 

20171016_2230158.jpg

 

20171016_2230159.jpg

 

20171016_2230160.jpg

 

20171016_2230161.jpg

 

20171016_2230162.jpg

 

20171016_2230163.jpg

 

20171016_2230164.jpg

 

20171016_2230165.jpg

 

20171016_2230166.jpg

 

20171016_2230167.jpg

 

 

宮入

 

道中も各支部長が集まり何度も安全確認は続きました。

土砂降りの中、宮入がはじまりました。

 

 

20171016_2230168.jpg

 

20171016_2230169.jpg

 

20171016_2230170.jpg

 

20171016_2230171.jpg

 

20171016_2230172.jpg

 

20171016_2230173.jpg

 

20171016_2230174.jpg

 

直径約80センチ、長さ約30メートルの大綱。

江戸時代の「淡路国名所図絵」にも載る有名な綱引きは今も引き継がれています。

 

20171016_2230175.jpg

 

20171016_2230176.jpg

 

20171016_2230177.jpg

 

20171016_2230178.jpg

 

20171016_2230179.jpg

 

20171016_2230180.jpg

 

20171016_2230181.jpg

 

20171016_2230182.jpg

 

20171016_2230183.jpg

 

20171016_2230184.jpg

 

20171016_2230185.jpg

 

 

 

事故なく最後の大綱引きも無事に終わり、ようやく全員の顔が笑顔になりました。

 

改めて振り返ると今回、心から笑えたのはこの一瞬だけだったのかもしれません。
張りつめていた緊張感から一気に解放された時でした。
入団12年目の大祭は楽しく、大いに盛り上げたいという気持ちで準備してきました。
実際は祭りの大変さ、責任の重さを目の当たりにすることになりましたが、
いざという時の団員の底力と包容力は、自分には仲間がいるという心強さと拠り所になりました。
祭りを通して感じ、学び知ること、繋がることがあまりにも多く、
改めて祭りが担っている事の重大さとスケールの大きさ、深さを体感しました。
人が減り年々祭りを続けることが困難な状況になろうとしています。
いつかは限界が来るのかもしれません。
その日まで十分に祭りを満喫したいと思います。
宮早総代様、当番支部・浜組の皆様、鳥飼祭礼団の皆様、本当にお疲れさまでした。
自分達が暮らす土地にこのような祭りがあることがただただ有り難く、来年も再来年もその先も楽しみに備えていきたいと思います。
今まで絶やさずに続けてきてくださった全ての先人の皆様に心から感謝いたします。
祭りを担う一員であること本当に有難いです。

 

 

2017.10.17 Tuesday

鳥飼八幡宮秋季大祭 宵宮 2017.10.14

 

おはようございます。

樂久登窯がある五色町鳥飼を上げての年に一度の大祭の様子です。

地域の行事に関わらせていただく度に土地を守って来られた先人の皆様のお陰様で、今、陶芸をやれているんだなと感謝の気持ちが生まれます。

土地に住み、暮らし、働くという事が何か、身を持って体験させていただける貴重な場です。

僕の器作りに色濃く影響を与えくれる大切な行事となっています。

ぜひ、ご覧くださいませ。

 

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

宵宮

 

太鼓練り

 

17:30〜

 

 

 

20171016_2230074.jpg

 

20171016_2230075.jpg

 

20171016_2230076.jpg

 

20171016_2230077.jpg

 

20171016_2230078.jpg

 

心配していた雨もなんとか持ちこたえてくれ、大太鼓練りを行う事が出来ました。

 

20171016_2230079.jpg

 

20171016_2230080.jpg

 

20171016_2230081.jpg

 

20171016_2230082.jpg

 

20171016_2230083.jpg

 

20171016_2230084.jpg

 

20171016_2230085.jpg

 

20171016_2230086.jpg

 

20171016_2230087.jpg

 

20171016_2230088.jpg

 

20171016_2230089.jpg

 

20171016_2230090.jpg

 

20171016_2230091.jpg

 

20171016_2230092.jpg

 

20171016_2230093.jpg

 

20171016_2230094.jpg

 

20171016_2230095.jpg

 

20171016_2230096.jpg

 

20171016_2230097.jpg

 

20171016_2230098.jpg

 

20171016_2230099.jpg

 

20171016_2230100.jpg

 

20171016_2230101.jpg

 

 

南組祭礼団・太鼓練り開始。

 

20171016_2230102.jpg

 

20171016_2230103.jpg

 

20171016_2230104.jpg

 

20171016_2230105.jpg

 

20171016_2230106.jpg

 

20171016_2230107.jpg

 

20171016_2230108.jpg

 

20171016_2230109.jpg

 

20171016_2230110.jpg

 

20171016_2230111.jpg

 

20171016_2230112.jpg

 

20171016_2230113.jpg

 

20171016_2230114.jpg

 

20171016_2230115.jpg

 

20171016_2230116.jpg

 

20171016_2230117.jpg

 

20171016_2230118.jpg

 

20171016_2230120.jpg

 

20171016_2230121.jpg

 

20171016_2230122.jpg

 

20171016_2230123.jpg

 

20171016_2230124.jpg

 

20171016_2230125.jpg

 

20171016_2230126.jpg

 

20171016_2230127.jpg

 

20171016_2230128.jpg

 

20171016_2230129.jpg

 

20171016_2230130.jpg

 

20171016_2230131.jpg

 

20171016_2230132.jpg

 

20171016_2230133.jpg

 

20171016_2230134.jpg

 

20171016_2230135.jpg

 

20171016_2230136.jpg

 

20171016_2230137.jpg

 

20171016_2230138.jpg

 

20171016_2230139.jpg

 

20171016_2230140.jpg

 

20171016_2230141.jpg

 

20171016_2230142.jpg

 

20171016_2230143.jpg

 

20171016_2230144.jpg

 

20171016_2230145.jpg

 

20171016_2230146.jpg

 

20171016_2230147.jpg

 

20171016_2230148.jpg

 


今年は若い人達にももっと積極的に祭りに参加してもらいたくて、

家まで声を掛けて回ったり、夏場には南組BBO交流会など新たなこころみを図りました。


今すぐの成果はでませんでしたが、同じ土地に住む者同士が集まりなんとか盛り上げていこうと共に過ごす時間は何物にも代え難く。


そんな風に思える仲間が近くにいる。


僕たちは常に十分過ぎるほど有難い環境に身を置いているんだと実感しました。
その事がやはり嬉しくて、一緒に太鼓を担ぎ歌う時間は常に最幸でした。
先日、終えたばかりですがまた早く皆で太鼓を鳴らして歌を歌いたいです。

 

ありがとうございました。

 

 

 

2017.10.17 Tuesday

鳥飼八幡宮秋季大祭 「綱打ち・ダンジリ飾り」2017.10.14

 

2017.10.14

 

宵宮

 

7:30〜

 

鳥飼祭礼団による「綱打ち」と「ダンジリ飾り」

若者から年配の方まで鳥飼総出で大祭の準備をしていきます。

 

今季収穫し立ての藁を各祭礼団で400束づつ持ち寄り、大綱を作ります。

 

 

20171014_2228605.jpg

 

20171014_2228606.jpg

 

20171014_2228607.jpg

 

20171014_2228608.jpg

 

20171014_2228609.jpg

 

舟だんじり
 長さ約10メートル、重さ約2トン

鳥飼の祭りは浜側と山側とが力を合わせて行う祭りです。

 

20171014_2228627.jpg

 

20171014_2228610.jpg

 

20171014_2228611.jpg

 

20171014_2228612.jpg

 

20171014_2228613.jpg

 

20171014_2228614.jpg

 

20171014_2228615.jpg

 

直径約80センチ、長さ約30メートルの大綱。

江戸時代の「淡路国名所図絵」にも載る有名な綱引きは今も引き継がれています。

 

 

20171014_2228616.jpg

 

南組祭礼団

布団だんじり

 

20171014_2228617.jpg

 

20171014_2228618.jpg

 

20171014_2228619.jpg

 

20171014_2228620.jpg

 

20171014_2228622.jpg

 

20171014_2228623.jpg

 

20171014_2228624.jpg

 

20171014_2228625.jpg

 

20171014_2228626.jpg

2017.10.08 Sunday

鳥飼八幡宮

 

 

 

宮総代の皆様により鳥飼八幡宮では祭りの準備が始まっております。

 

 

鳥飼八幡宮秋季大祭

宵宮 10.14(土)

本祭 10.15(日)

 

 

 

22256651_1497018003712154_7893770387490239216_o.jpg

 

22256719_1497018047045483_1160472586313293516_o.jpg

 

22254871_1497018090378812_4690858847699558834_o.jpg

 

 

2017.10.08 Sunday

鳥飼南組祭礼団

 

昨夜も深夜まで太鼓と歌の練習でした。

 

宵宮 10.14(土)
本祭 10.15(日)

 

 

22255128_1496657843748170_5741589671447003845_o.jpg

 

 

2017.10.02 Monday

大綱の藁

 

今季収穫したての藁を祭礼団員で400束、有り難くいただいてきました。

この藁で鳥飼八幡宮秋季大祭の最後に登場する大綱を作ります

 

 

22135432_1491024577644830_6795256799461970396_o.jpg

 

22104787_1491024614311493_7614917811102559897_o.jpg

 

22181525_1491024687644819_8882396274482967483_o.jpg

 

22136845_1491024717644816_8391037839054083140_o.jpg

 

 

2017.10.02 Monday

鳥飼南組祭礼団。

 

今年も鳥飼八幡宮秋季大祭に向けて、祭礼団員が集まり太鼓と歌の練習がはじまっています。

 

 

22137202_1490708031009818_610752311811751280_o.jpg

 

2017年度 鳥飼八幡宮秋季大祭

宵宮 10月14日(土)

本祭 10月15日(日)

 

 

 

 

2017.09.25 Monday

田舎のおはなし。

昨日は朝から地域の道作りでした。

ここに住む人達で皆が使う道の草を刈ったり、木を切ったり、年二回、道の手入れをしています。
樂久登窯にお越し下さる際に通っていただく田舎道は全てこうやって地元の人達が力を合わせて維持しています。
僕に家族(子供達)が出来てから我が家に続く細い一本の田舎道の脇草をご近所さんが、そっと刈って下さっていました。
僕の手入れが行き届いてないせいで、申し訳ない話でもあるのですが、
子供達の事を思っての無言の想いが本当に有り難いです。

 

 

2017.01.14 Saturday

出初式&地祭 2017.01.08

 

この日は早朝から消防団の出初式。

午後からは集落の地祭。

今年も変わらぬ景色に癒されています。

 

 

 

 

Powered by
30days Album