田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.07.15 Saturday

ぬか漬け

 

 

今朝ぬか床を開けるとふっくら発酵していい香りがしてきたので

友人が作るお塩をたっぷりすり込んできゅうりを漬けてみました。

 

 

 

2017.07.14 Friday

ぬか床づくり

 

 

日々の精米したぬかが貯まったので、ぬか床を仕込みました!

ご飯とお漬物が夏の食卓の基本になっていきそうです。

菜園で茄子ができたら漬けるのが楽しみです♪

 

 

味噌用に作った蓋物が、ぬか床サイズにバッチリハマりました!

冷蔵庫にも入るので重宝しそうです。
そんなことを思うと新しくそれ用に作りたくなってきました!

 

 

 

2017.06.29 Thursday

柏木圭さん千繪さんの道具

 

 

柏木 圭さん千繪さんの道具が本当に素晴らしい。
手間の掛かる作業も気に入った道具と一緒だとその時間も楽しめてしまう。
好い道具は見た目の格好も良く、使い込み、育てていくのも楽しみの一つとなる。
道具から作り手を辿る時間も面白ですが、
直接お会いして、一緒の時間を過ごしたことのある人が作られた道具はモノであり人となっていきます。
ん〜、道具は楽しい!!
圭さん、千繪さんの道具、使うほどにその凄さを実感します。

 

 

20170628_2130487.jpg

 

20170628_2130482.jpg

 

20170628_2130483.jpg

 

20170628_2130484.jpg

 

20170628_2130485.jpg

 

20170628_2130486.jpg

 

20170628_2130502.jpg

 

20170628_2130496.jpg

 

圭さんのお父様から受け継いだフライパンを譲っていただきました。

オムレツだけをずっと焼いてきたものだそう。

貴重なものを本当にありがとうございます。

我が家もオムレツを継ごうと思います!

 

(卵:船瀬さんの放し飼い有精卵)

 

20170628_2130500.jpg

2017.04.01 Saturday

骨董とじゃがいもとさつまいものポタージュ

 

古いものが好きで気に入ったモノと出合うと少しづつ集めています。

 

こちらは17世紀初期・オランダの片口小鍋。

三脚の高台に直火可能なちょっと変わった器に一目ぼれ。

当時の人たちはどんな使い方をしたのだろうと想像を膨らましながら、ぼーっと器を眺める時間が好き。

 

じゃがいもとさつまいものポタージュが良く似合う。

 

こんな器でスープを出せたらカッコ好いな〜

 

 

 

 

 

2016.12.21 Wednesday

漬物壺で千枚漬け

 

ご近所さんから頂いたカブを千枚漬けにしました。

本当にありがたい環境です。

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

浅漬け用の漬物壺。

 

2016.09.23 Friday

擂鉢

 

道具の形が好きで、食べることが大好きで、食卓に料理が並ぶと幸せな気持ちになります。
旬をいただく時はテーブルを囲む人達と共に生きているんだなぁと実感する。
旬を焼いたり、煮たり、揚げたり、擂り潰してみたり
山の幸も、海の幸も、擂って混ぜて、擂り鉢ごとテーブルの真ん中にドカンと据える。
暮らしの道具が持つ安心感が食卓を囲む。
大昔、焼いたり、煮たりする以前、人は擂り潰す事で調理の幅を広げたのかもしれない。
食材も人も調和してくれる道具としての器。

樂久登窯HPからも購入していただけます。
どうぞご覧くださいませ。

 

2016.08.29 Monday

ホットコーヒー

朝夕は少しづつ涼しくなってきたので

ホットコーヒーとマグカップの出番☆

 

 

 

 

2016.08.29 Monday

沖縄からの贈り物

沖縄から藤本健さんのお箸が届きました☆
気に入るお箸がなかなか見つからなかったのですが、健さんのお箸は最高です♪

 

 

 

2016.06.25 Saturday

擂鉢制作中。

 

只今、工房では大中小の擂鉢を制作中です。

土鍋に擂鉢、漬物壺に塩壺。

暮らしの道具作りは楽しい。

 

 

このような道具を暮らしに取り入れてみると、ライフスタイル自体が少し変化する。

日頃してこなかった体の動き、ゴマや塩をすり潰す時間。

ほんの少し食べ物の事を考えてみる。

それだけで、食卓が潤うかもしれない。

 

そんな気持ちが僕の中に本当にあるのかないのか?

 

実のところあまり実感はないのだけど、
こういった道具作りが楽しいという素直な動きに体を指先を動かして作っています。
道具が持つ機能から生まれたシンプルなフォルムに魅せられているのかもしれない。
焼きあがりましたら、HPにUP致します。
HP上の器は全国購入可能となっていますので、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

 

 

2016.01.20 Wednesday

素材探しの旅。その3


つくも窯

十場 天伸さんに会いに行ってきました。







玄関先のスリップタイルが可愛い。。



囲炉裏の前に荷作り待ちの器がずらりと並んでいました。



















倒炎式の構造と焼き方を教わってきました。
描いていたイメージとピッタリの窯で、細かいところも全て快く教えて下さり、本当に有難かったです。

Powered by
30days Album