田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.01.19 Friday

マグカップ量産中

 

 

26758195_1590022484411705_4482304934978405428_o.jpg

 

 

2017.12.25 Monday

窯出ししました。

 

年内の営業は本日が最終日となります。

年始は1月5日(金)〜となります。
※2018年1月は火、水曜日に加えて木曜日も定休日とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけしますがどうぞ宜しくお願い申し上げます。
◆定休日:火・水・木 (2018年1月)

 

 

 

25532148_1676480425746336_2442307304729947505_o.jpg

 

鳥飼藁白八寸皿

 

25626771_1676471752413870_608103401342650425_o.jpg

 

黒淡路七寸リム皿

 

25626751_1678167245577654_2433208463424511936_o.jpg

 

黒淡路六角小鉢

 

25626863_1677191449008567_2019688956855872823_o.jpg

 

七寸パン皿

 

25627239_1677193799008332_3503196865589269464_o.jpg

 

淡路島ブルーオーバル皿

 

 

2017.12.20 Wednesday

淡路島織部

 

 

25351929_1666731923387853_9015761678697882384_o.jpg

 

 

◇器:淡路島織部碗

 

 

 

2017.12.20 Wednesday

淡路島飴釉

 

 

25188734_1557021161045171_3422369024049501935_o.jpg

 

◇器:淡路島飴釉碗

 

2017.12.18 Monday

鳥飼藁白

 

 

地元鳥飼の友人が無農薬、無化学肥料で育てた餅米の藁灰で調合した藁白釉。

 

 

25310958_1557016704378950_6739281539260270663_o.jpg

 

 

◇器:鳥飼藁白碗

 

 

 

2017.12.16 Saturday

淡路島火山灰

 

淡路島火山灰と鳥飼藁灰を調合した釉薬。

淡路島火山藁灰釉。
口には黒淡路を施しました。

 

 

25188964_1557135787700375_1054581201691807589_o.jpg

 

 

◇器:淡路島火山藁灰釉碗

 

2017.12.15 Friday

鳥飼藁白碗

 

地元鳥飼の友人が無農薬、無化学肥料で育てた餅米の藁灰で調合した藁白釉。

碗の口には黒淡路を掛けました。

 

 

25358208_1669310459796666_4439649212664595365_o.jpg

 

 

◇器:鳥飼藁白碗

 

 

 

2017.12.15 Friday

もう一つの淡路島藍

 

先日に引き続きもう一つの淡路島藍。

二色の藍が同時に出ました☆

 

25311279_1669315326462846_4071988800799534482_o.jpg

 

◇器:淡路島藍六角小鉢

 

 

※釉薬の原料の中に藍の成分は入っていません。

 

 

 

2017.12.14 Thursday

黒淡路

 

先日のブログで説明していた黒淡路が焼き上がりました。

想像以上に好い焼き上がりとなりました。
次の窯では様々な器に掛けるつもりです。
僕自身がしていることはすごく単純な事なのですが、
何万年という時を経て成された自然調合をそのまま土地の土に掛けて焼く。
自然の恵みをそのまま使わせていただく。
陶芸の醍醐味はここにあると焼き上がった器から教わります。
来年はもっと様々な淡路島の素材を焼いていきたいと思いました。

 

25075116_1557023464378274_9122354711804287195_o.jpg

 

 

2017.12.13 Wednesday

淡路島藍

 

淡路島の青を出そうと何度も調合を繰り返し、やっと辿り着いた淡路島ブルー。

一番のお気に入りが今年はなかなか思うような色が出ず苦戦していました。

そして今年はこれが最後という思いで調合をやり直し焼成しました。
そして出たのがこちら、

 

 

25073397_1666718260055886_224004734285234498_o.jpg

 

 

落ち着いた趣のある色となり年の瀬に満足のいく成果を得ることができました。
釉薬の原料となる木灰、藁灰など、自然灰を全て手作業で精製し調合しています。
全く同じ表情を出すことが困難な分、次はどんな色が出るのか楽しみでもあります。
この青は「淡路島藍」と名付けていろんな器を焼いていきたいと思います。

 

 

※釉薬の原料の中に藍の成分は入っていません。

Powered by
30days Album