田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.01.19 Friday

野菜スープ

 

たっぷりパクチー

 

26910500_1591905230890097_4443564357878182491_o.jpg

 

 

2018.01.16 Tuesday

2018.1.16 朝の台所

 

 

 

20180116_2304567.jpg

 

20180116_2304568.jpg

 

20180116_2304569.jpg

 

20180116_2304570.jpg

 

 

2018.01.11 Thursday

スープ鍋

 

昨年末に完成したスープ鍋。
妻が週に数回いろんな使い方を試みてくれていますが、想像以上に素晴らしい効果があり自分でも驚いています。
厚切り大根を鍋に入れ沸騰したら火止めて、食べる前に温めなおしたら芯まで火が通っていました。
本当に優れモノです。

 

 

 

 

 

※2018年1月は㈫㈬㈭が定休日となっています。
ご迷惑をお掛けしますがくれぐれもお間違いのないようお願いいたします。

 

 

2017.12.19 Tuesday

船瀬さんの大根の煮物

 

お隣の農家さん、船瀬さんからみずみずしい大根をいただきました。

大根の味を味わいたいので、昆布と塩、酒、豚肉と生姜少し。

芯まで柔らかくなったところをお汁と一緒にいただきました。

 

 

 

 

分厚く切った大根もあっという間に柔らかくなって、我が家ではスープ鍋が大活躍してくれています⭐︎

 

 

◇器:淡路島飴釉碗

 

2017.12.18 Monday

鯛茶漬け

 

 

 

 

みりんと醤油、擦りごまで少々漬けた鯛に熱々の出汁をかけて。

赤かぶらの葉を塩もみして三葉とトッピングしました。

優しくて滋味深い。これはクセになる美味しさです⭐︎

 

 

 

 

◇器:鳥飼藁白碗

 

 

 

 

2017.12.18 Monday

TEA

 

 

ウィークエンドシトロンのレモンのアイシングにお抹茶が良く合います。

Takashiさんからいただいた抹茶を碗でいただきました。

お正月にお抹茶とお菓子のおもてなしも素敵です⭐︎

 

 

 

 

◇器:黒淡路六角小鉢

淡路島火山藁灰釉碗

 

 

2017.12.14 Thursday

土鍋カレー

 

 

冬のカレーは生姜をたっぷりきかせてぽかぽかと。

スープ鍋の熱の伝わり方にまた驚きました。

一度煮立たせて少し煮込み火を止め蓋をしてしばらく置いておくと、

食べる前に温めた時には野菜がほろっとに煮崩れるくらい柔らかくなっています。

熱々を食卓に運んで鍋からよそっていただきました⭐︎

 

 

 

20171213_2279770.jpg

 

20171213_2279771.jpg

 

20171213_2279776.jpg

 

 

2017.12.13 Wednesday

冬の白い野菜とソーセージのスープ

 

 

窯出ししたての碗とスープ鍋で早速ポトフをいただきました。
スープ鍋、火の通り方が本当に凄いです。
土鍋自体も分厚く作っていますので保温力も高く、火桶消してからも約1分沸騰し続けます。
短時間で芯まで火が通り、熱々の熱々になります☆

※鍋の形状で対流の勢いが良く芯まで短時間で火が入るのですが、煮込みすぎるとあっという間に煮崩れしますのでご注意くださいませ。

 

 

 

 

20171212_2279245.jpg

 

20171212_2279246.jpg

 

 

20171212_2279248.jpg

 

 

今年の作陶は夏野菜作りからヒートアップしました。
種採取の際、種はスパイスであるという辺りから香辛料に興味が湧きカレー皿を作った。
次に出汁の事を考え始めてスープに興味が移り、スープ鍋と碗に辿りついた。
とにかく自分の興味、関心を満たす為の器作りをしている。
妻が面白がって一緒になって料理してくれるので、窯出ししたその日に料理が盛られるという有り難い環境には本当に感謝している。
この一連の流れの中で制作し販売していくスタイルが本当に楽しい。
僕は作陶するという事を暮らす、今を生きるということ、自分の関心全てを結び繋げていきたいと本気で思っている。
そんな事を思いながらも既に興味は次に移っている。
スープの次はソース。
ソースの事を考えるとあまりにソースの偉大さに慄いてしまう。
畏れ多いがソースパン、ソースカップ、片口なんかはいかがでしょうか?
と、ソースに問いかけながら、
てはいえ、もう少し碗とスープ鍋を作らねば、
ソースの器を頭の中で転がしながらスープの器をもう少し作ります。

2017.11.30 Thursday

soup and sandwich

 

芯まで温まるスープ鍋。

保温効果も抜群。

ハレノサラ、小浜くんからいただいた燻製香のしっかりきいたベーコンと一緒に冬野菜を煮込みました。

ゴロゴロ野菜も芯までほかほかになってあっという間に柔らかくなります。

今日はちょうどパンが焼きあがったので、サンドイッチとスープのお昼ご飯にしました⭐︎

 

 

20171130_2268726.jpg

 

20171130_2268727.jpg

 

20171130_2268728.jpg

 

20171130_2268729.jpg

 

20171130_2268730.jpg

 

 

2017.11.20 Monday

塩豚とホワイトマシュルームのスープ

 

土鍋を持ち帰って妻が料理に使ってくれた感想です。

想像してた以上の効果に感動!!
以下は妻のブログより抜粋。
-------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

主人の新作のスープ鍋でスープを作りました。

壺のようなかたちの鍋。火を止めた後にもしばらくスープが鍋肌から中心へ向かって対流しているのに驚きました。

昨夜仕込んだスープが土鍋で一晩寝かすととても深い味に仕上がっていました!

クツクツ煮込んでいるとき、火を止めて蓋をしたときの音に耳を澄ましたり、

次の日に蓋を開けるとき、どれも愉しい時間です。

これからの季節我が家の台所で大活躍してくれそうです⭐︎

 

 

20171120_2259574.jpg

 

20171120_2259575.jpg

 

20171120_2259576.jpg

 

◆器:藤本 健さんからいただいた椀

 

目指していたのはまさにこんな椀でした。。

さすが健さん!!

 

 

 

Powered by
30days Album