田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サラダ碗 | main | スープ碗 >>
2020.02.16 Sunday

珈琲碗

 

上質の珈琲豆の個性を活かす焙煎をすることで、その豆が持つ世界を大きく開いていきます。

開ききった焙煎豆からぎゅっと甘味を抽出していきます。

そうやって淹れられた珈琲を飲んだことがたった一度だけあります。

それは僕が知っている珈琲とは全く別の飲み物でした。

 

その時にマスターがこの珈琲に合う器が見つからないと、コーヒーカップ&ソーサーがずらっと並んだ棚を見ながらおっしゃいました。

続けて、もしよかったら作ってくれないか?と、僕に頼んでくれました。

 

僕はすぐにピンッときましたこれは碗しかない。

そっと両手で包み込み、少し冷めてより甘味を味わえる状態でいただく珈琲。

飲む姿までイメージできました。

珈琲碗、只今制作中です。

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album