田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Bistro Logsea | main | まさしく祭器 >>
2016.05.27 Friday

苅藻八角祭器


いつもお世話になっている「ひらまつ食堂」平松さん依頼の器を納めさせていただきました。


今日は平松さんの大切な友人の一回忌でした。
亡くなった友人と出会った土地の土で、友人が大好きだった鯵を盛る器を作ってほしいとのことでした。

器に鯵を盛る度、友人を思い出すのだろうか、、
料理には様々な思いが込められています。
生産者さんの想い、その料理にまつわる思い出、少し想像を巡らしてみても尽きる事はなさそうです。



◆苅藻八角祭器

平松さんと一緒に堀った「かるも土」をベースに、
塩作りで海水を煮詰める際に出た木灰を釉薬にしました。
造形は祭器をイメージ。
「八」には様々な意味があるそうです。
そして、お二人が初めて出会ったかるもの海の色。


次に訪ねた際にはぜひ、鯵を注文してみたいです。
ありがとうございました。
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album