田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 耐熱の器 | main | 猪肉。 >>
2013.01.16 Wednesday

自分の直感についていく勇気

 このところ連日のように珍しい方にお会いさせて頂ております。
偶然では片付ける事が出来ないほどに・・・
日々前進しろと何かに背中を押れているかのようです。


最も大事なことは自分の心に、自分の直感についていく勇気を持つことだ。
心や直観はすでに、あなたが本当になりたいものを知っている。
それ以外は二の次だ。
 スティーブ・ジョブズ


この言葉が身に沁みます。
写真は「ドット・シュガーポット」今までに何度も形を変えてきました。
まだまだ変化していくと思います。
前進できているかどうかはよく分からないですが
前進できているかどうかはよく分からないですが、心が何を求めているかだけはいつも明確です。
ハッキリとこうだ!
と、言い切るには到底およびませんが手さぐりの中でたどり着いた拠り所をカタチに起こしていければと思います。



ドット・シュガーポット
各¥3.675

コメント
なぜドットなのでしょうか?なぜ作り手のメッセージの表現がドットなのでしょうか?
  • 前田宜孝
  • 2013.01.23 Wednesday 20:34
前田宜孝さま
お返事が遅くなりまして申し訳ございません。
なぜ作り手のメッセージの表現がドットか?
そう言われると、こうですという回答は持っていません。
ただ、お客さんとのやり取りの中から生まれ、求めて下さる方がいらっしゃるので続けているという状態だと思います。
「作り手のメッセージの表現」
カタチに起こすというのは僕の場合、焼き物の作品を指しておらず、今は暮らし方や関わり方が中心になっています。
作るという事が暮らす中から自然と出来ればいいなと思っております。
今、自分がやっている事、作っているモノは心が求めている方向へ進むために必要な工程だと信じています。
ですが、「作り手のメッセージの表現」とても大切ですね。
かなり浮き足だっていたように思います。
何処かで気づきながらも発信することで近づこうとしていたのかも知れません。
もう一度自分なりに見つめ直して誠実な言葉を持ってお答えできるようなモノ作りが出来るようになりたいです。
いつもありがとうございます。
本当に感謝しています。
  • 西村 昌晃
  • 2013.02.08 Friday 10:06
コメントする








 
Powered by
30days Album