田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自分の直感についていく勇気 | main | 作陶に専念。 >>
2013.01.19 Saturday

猪肉。


先日、近所の檻に捕まった猪の肉を猟友会のSさんが今朝、届けて下さいました。
とりあえず切り分けて冷凍することに。
さて、一体どこから包丁を入れたらよいのか悩んでいるとcafe常連のお客さんが工房を覗き
「そんなもん、縦に包丁入れて後は横に入れていったらええねん!
骨の周りの肉も削いどけよ!獅子は脂が旨いからな!」
と、一言。
なるほど!
納得。
いつもありがとうございます。




害獣と呼ばれている猪ですが命を頂くからには残さずに最後までしっかりと頂きたい。
恥ずかしながら心からそのように思えるようになってきたのはつい最近の事。
そんな事を大切にしていきたいです。

さて、どうやって食べるのが良いのか?
せっかくなら美味しく頂きたい。
皆さんの知恵をお借りしながら田舎暮らしを探求していきたいと思います。
いや〜、それにしても身近にすごい人達がいっぱいいます。
求めれば繋がっていく事が本当に有難いです。
もっともっと教わりたいです!
今年はrakutogama bookの取材でいろんな方の背中を追いながら、僕自身も少しずつ実践していきたいと思います。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album