田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オムレツ皿 | main | 立ち合い分蜂 >>
2017.05.04 Thursday

分蜂ラッシュ!!

 

4月29日。

養蜂師匠から分蜂したとの連絡を頂き、今季初めて分蜂群を見ました。
ちょっと懐かしいぐらい見れていなかったので、少し感動しました。
そして一箱入れていただきました!
嬉しい。。
ありがとうございました!

 

 

翌日4月30日。

落ち着いた様子で周囲を偵察するニホンミツバチ。

住処として認めてくれた様子。

 

 

5月1日。

これまた前日に捕獲していただいたニホンミツバチ。

こちらも落ち着いた様子で周辺の偵察開始!

 

 

5月1日。

またまた養蜂師匠から連絡を頂き分蜂群を頂きに飛んでいきました。

 

 

足場の悪い高い所にとまった分蜂群。

ひょいひょいと登り、両手を放して捕獲する師匠。

 

 

捕獲した袋中の空気をギュッと抜き、暴るニホンミツバチを落ち着かせる。

高所でこの動き、すごい。。
見方も解釈も懐が深く、お話させていただく度に新たな発見があります。

 

 

5月3日。

連連日、分蜂の知らせを頂いては巣箱を抱えて現場に直行!!
もう自力という言葉はどこにも見つからないけど、
ただただ有り難く分蜂群を頂いては巣箱を増やしています!
今回は低い位置にとまっていたので自分で捕まえて入れさせていただきました。
足場の良い、低い位置でも師匠の動きとは全然異なり、どんくさい自分が恥ずかしくもあり、嬉しくもあり、
そんな事を思うと、本当に教わっているな〜と感じ、束の間の修行気分を味わっています。
日々の束の間が、貴重過ぎる体験を重ねていると身体に呼びかけ続けていることはもう重々承知していますが、
そんなことすら超えたところで、貴重な時間を使い、丁寧に過ごして下さる一時は何よりの学びです。
ただただ感謝いたします。

 

 

5月4日。

今朝も庭先で、周辺の偵察を開始するニホンミツバチ。

早々に足に花粉を付けたハチを発見!!

もう決めてくれたのかな?

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album