田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< タマゴサンド | main | 耐熱片口 >>
2019.01.29 Tuesday

お田植え祭〜日本酒へ

 

 

 

一年前の今日。

祭礼団の仲間達でお田植え祭をスタートさせ、収穫した米藁は大綱作りに、お米はいつの日か都美人酒造さんで日本酒にしていただこう。
将来的には僕達が関わった日本酒を奉納し、祭礼団で作ったお酒を御神酒として秋季大祭に挑もうと夢を語り合いました。

それから一年が経ちました。
酒探偵団の皆様が数十年続けて来られた日本酒を広める活動を軸に、隣町の鮎原で自然農に取り組むボンバー、都美人さん、本当に大勢の皆様の情熱の元、祭礼団員で語り合った夢がカタチを成しはじめています。
本当に有り難いです。

祭礼団の先輩は兄のようで、年下は可愛い弟で、誰もが頼りになる家族のような存在になりました。

その皆んなが同じ土地に住んでいて、一つの田んぼを耕し、祭を盛り上げてこの土地を守っていこうという気持ちです。
自分に家族が出来て、子供達を育てていく上でこれほど心強いことはないです。

この土地を守り続けて下さっている大先輩達の背中を毎日見ています。
言葉で伝える人は誰もいませんが、ずっとずっと前から同じような気持ちで見守って下さっていたのかもしれないと、頭が下がります。
父であり、母であり、祖父であり、祖母、ご先祖となっていくのだと実感します。

流れが来ています。

バトンを渡されるのも今を走れることもこの先渡していける事もこの土地に住む全てが幸せです。

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album