田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.09.22 Thursday

FULL MOON

蜜蠟を作りました。

蜜を頂いた後の巣を溶かし、固まった蜜蠟を、
さらに溶かして不純物を取り除いていきます。

 

 

 

 

 

 

蝋燭、ワックス、石鹸、などなど、ミツロウは万能素材。

何にするか楽しみが尽きないです。

 

2016.09.16 Friday

地球外生命体

スズメバチの襲撃を受けてしまいました。。

必死で太刀打ちするミツバチ達。
巣箱の下にはミツバチ達が刺し違えたスズメバチの亡骸も数体発見するも、
続々と援軍を呼ぶスズメバチ。
僕も罠を仕掛けてかなりの数のスズメバチを撃退したが、ずっと側にいるわけにもいかず、
先日ついに巣箱の中に入られてしまった。。
数日に渡る凄まじい格闘でした。
そしてまだまだ油断できない季節です。。

 

 

 

2016.09.08 Thursday

デザイン

採蜜しました。
この時期はスズメバチが巣箱を襲いにくるので、ミツバチの羽音は警戒信号を発しています。

13箱あった巣箱は2箱巣虫にやられ、2箱スズメバチにやられました。
それでも何とか蜜を採れるまで成長した巣箱もあります。

植物の芽吹きに合わせて春から夏にかけて巣は一気に成長していきます。
夏場は少しペースが落ちますが、今から秋にかけてもう一度巣が成長し始めます。
野山の様子をミツバチから伺うことができます。
秋の蜜も楽しみです。

 

 

 

巣箱の蓋に残された設計図

文様の中に子孫を残し、蜜を蓄え、数万匹のミツバチが暮らすヒントが隠されています。

大きい部屋、小さい部屋、角度もサイズも均一ではない。
不揃いの連鎖からなる無駄のないデザイン。

 

 

 

 

2016.09.06 Tuesday

はちみつ採取

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.08.12 Friday

ザ・カヌレ

 

 

「食のわ」神瀬シェフが作ってくれました。

 

ミツロウ x ハチミツを使ったカヌレ☆

 

ルーツを辿り、暮らしを遊び、物語を皿に盛り付けてくれます。

絶品!!

 

2016.08.12 Friday

春蜜

採蜜しました☆

 

 

 

 

2016.07.07 Thursday

夏バテ

今日も巣箱の見回り。

さすがの暑さに皆巣箱の外に溢れ出てきていました。

多分・・

 

 

 

2016.07.06 Wednesday

もうすぐ採蜜

 

久しぶりに巣箱の点検。

そろそろ採蜜できそうな巣箱が3箱ありました。

 

 

 

2016.05.13 Friday

そろそろ


天気も良くミツバチの動きも活発になってまいりました☆
そろそろ第2、第3、分蜂はじまるかな〜


中央のミツバチの後ろ右足に付けているのが花粉です。
さて何の花粉でしょうか?
ミツバチが四季折々の植物を花粉の色で見せてくれます。
最後は様々な植物の息吹が入り交ざった密を頂きます。
視覚で楽しんで、味覚で体感して、半径2キロの世界が色濃くなってゆくのです。
 
2016.05.03 Tuesday

高度成長期

分蜂シーズン真っ只中。
今季、待機させておいた空箱にニホンミツバチが自ら入ってくれる事4回。
こんな幸せはなかなか味わえない。
その中の一つがすごい事になっている。
とにかく勢いがすごい。
発してるエネルギーがけた違い。
初めて見た時は、あまりの勢いに何かあった!?怒っている??と、錯覚してしまった。
いや違う、ただ元気なだけなんだ。
養蜂を始めて3年。こんな勢いのあるミツバチを始めてみた。
採蜜するのが楽しみだ!ハチミツは体に良いという話をよく耳にする。
ティースプーン毎日一杯食べだしてから一度も風邪を引いていないという話は養蜂家の間ではどうやら常識みたいだ。
この元気な巣箱は家族の健康を守る薬箱にしようと思う。
「薬」草冠に楽しいと書くのかぁ、この発想はピッタリじゃないか。
自分自身に聞いてみれば、実は自分が全て知っているという事があまりに多くてビックリする。
次は自分の中から何が飛び出してくるのか楽しみだ。

Powered by
30days Album