田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.06.26 Friday

No plan party 〜Water〜 vol.5 2015. 顔合わせ


6月22日、今年のNo plan paruty vol.5 の顔合わせを行いました。
お馴染みの顔に、初めましての方。
毎回少しずつメンバーは入れ替わりますが、必要以上に何かを確認し合う事はなくなりました。
そんな事より楽しく飲もう。
全員がなんとかなる気しかしていないのが、本当に気持ち良い時間です。

この日、確認し合ったのは、日程とテーマ。

今年のテーマは「水」


次に皆が集まるのはNo plan paruty 当日。
一回の顔合わせで200人規模のパーティーが成立すると誰も疑っていないのが本当に面白い。

大丈夫感がすごい!

いや〜今年も楽しみです。
皆様ありがとうございました。














一般告知はこちらで7月10日に行います。

美観味sanmi



※仲間内のホームパーティーの延長です。
会費は頂きますが、サービス、企画進行は一切行いません。
どうぞお間違いなく。


2015.05.28 Thursday

rakutogama book 完成しました!


本を作ろうと思い、動き始めて約3年が経ちました。
本当にいろんな方のご協力を得て、ついにrakutogama bookが完成致しました!
26日、出版記念パーティーを開きました。
料理人の皆さんの力をお借りし、ご協力頂いた皆様にお礼の言葉と本を届ける事が出来ました。
一言ではで言い尽くせませんが、つくづく自分は恵まれていると感謝するばかりです。
本当にありがとうございました。



杉本水産の杉本さんがこの日の為に獲って来て下さった鯛と五色鰆。
若潮田辺 航太郎さんが宝楽焼きにしてくださいました。



うん、もう大丈夫!
航太郎さんの宝楽焼きにはそんな安心感がある。






トーマス窯もスタンバイ!
弟子のナタリーにも伝授!












テレビも取材して下さいました。
6月20日(土)11:00〜
朝日放送「LIFE ~夢のカタチ~」の中で取り上げて頂ける予定です。



ご協力頂いた酪農家の皆様。
側に居させていただくだけで、多くのモノをいただける。
言葉にする事は野暮な事だなと思いながらも、感覚でつかんだものを何とかカタチに起こそうと繰り返してきた3年間でした。
未熟な僕の言葉がどう受け止められていくのか、ようやく楽しめるように心が整いはじめています。
ご協力下さった皆様が委ねてくれたから。
ありがとうございます。



親子で。
いつもありがとうございます。



距離を保つ猟師さんの在り方に僕は憧れている。















噛み締めるだけ噛みしめておきたい。



今回は僕もピザをほんの少しだけ焼きました。
少しだけ。。






ロングトーマス窯も火入れしました!



常に生産者さんの想いを繋ぎ、命と向き合い続けている香港GARDEN 新阜シェフの乞食鳥
ここでしか出来ない豪快料理に挑戦して下さいました!!












新阜シェフの料理。

合鴨農法で役目を終えた鴨のお腹の中に、斉藤さんのお米と、斉藤さんが捕獲して下さった猪肉を摘めた上に、焼き物に使う土をかぶせて窯の中で蒸し焼きにしました。
rakutogama bookにご協力下さった生産者さんの食材と想いを一つの料理へと昇華されていく。
そして僕が焼いたお皿の上に盛り付けて下さる。
ありがとう、では足らない。。
料理って本当に素晴らしい。



本当にすごい事を、楽しそうに、笑顔でさらっとして下さる。
いつもありがとうございます。



出張先の三重から駆けつけてくれた西岡さん。
ピザ美味しかったです。

ここではとても書ききれませんがお忙しい中、駆けつけて下さった皆様、ありがとうございました!




rakutogamabook
「枝折」eori


ご協力頂きました皆様、本当に本当にありがとうございました!

本日より樂久登窯にて販売致します。


最後に、一緒に作ってくれた針山 千賀子さんに深く感謝致します。


2014.09.03 Wednesday

2014 no plan paruty vol.4


今年も美観味sanmiの仲間とNo plan Parutyを無事開催することができました。

ご協力頂きました生産者の皆様
ゲスト出演して下さった料理人の皆様
当日会場にお越し頂きました皆様
お問い合わせ頂いた皆様
ご協力いただいた地域の皆様
本当に本当にありがとうございました。

あまりにもたくさんの事が詰め込まれ過ぎていて説明しきれませんが、
当日写真を撮って下さった金さん、針山さん、金山さん、竹中さんの写真をどうぞご覧下さい。

夏の終わりに皆で全力投球できる幸せ。
改めてこの場に深く感謝いたします。
ありがとうございました。


今回のテーマは「塩」

昨年から五色町で塩作りをされている脱サラファクトリーのお二人を迎えてのパーティーとなりました。









「香港ガーデン」新阜さんの仕込
獣害問題に取り上げられる猪を美味しく食べて頂きたい。
命を頂く事と常に真剣勝負







自凝雫塩(おのころしずくしお)で作った味噌を塗っていきます。







農家兼猟師の斉藤 久行さん
いつも地域の田畑を獣害から守って頂いています。
今回も約30キロと70キロオーバーの猪をパーティー直前に捕獲して下さいました。
ありがとうございます。









チーム一丸となっての調理作業。
否が応にも熱くなる。



西岡さん荳2鵑眤膤萍でした!







農家さんからの差し入れ





前日、廃材を組み合わせて仕上げた階段。
西岡・作

















今回はESOLAの金さんが会場に花を添えてくれました。
全て近所に咲いていた植物達。
料理、カメラ、フラワーアレンジメント、と多彩な活躍を見せてくれる金さん。
近々東京に進出するとか、ご縁を広げて下さる色気たっぷりの頼もしい先輩です。



この時間がいい。







塩壺も花器に変身。





ボーゼとコロダイ
南海荘・竹中さんの食材





大釜に先山の湧水を100リットル!



斉藤さんの鳥飼米と自凝雫塩






今年は大阪「スフィーダ」からはなんと8名のスタッフが!!



今年も凄まじい勢いでその場にある食材を使った即興料理を披露して下さいました。
ミスターノープラン・真野シェフ















「平松食堂」平松さん





「脱サラファクトリー」の有吉さん



「旅館若潮」の航太郎さん



真鯛・スズキ・コショウダイ



真野シェフ



初めて参加して下さった「ラ・カーシーナ」の小森さん



トーマス窯・完全マスター!

















今回の器は取り皿も含め全て淡路島の土を使って焼かせて頂きました。





テーマは「塩」









準備は入念に。











ライターの朝比奈さん
前々夜祭からの参加。
ありがとうございました。







「脱サラファクトリー」の末澤さんも絶好調!



猪を焼いている窯の天井の熱を利用して猪肉に火を入れていきます。
全て即興。
「香港ガーデン」の新阜さん





徐々に会場にも熱が入っていきます。



五色「割烹はと」の吉田さん







「スピカロース ザ バー」の奈良さん
いつも美味しいお酒をありがとうございます。



見事なホールさばきありがとうございました!



擂鉢も花器に。





日本蜜蜂のハチミツをたっぷりと!
半径2キロで収穫された蜜を半径2キロで捕獲したイノシシに
全て僕達の手で調達しています。
地産地消。



ザ・スペアリブ!



















野菜パフェ
「割烹はと」の吉田さん
仕込の手間暇を一切惜しまない吉田さんの料理。
一口いただいた瞬間に改めてすごい環境だと不意に思い知らされる。
感動の味。
本当にありがたいです。



淡路島を代表する郷土料理「宝楽焼き」
絶対に外せません!!

守って下さるのはおなじみ「旅館若潮」の田辺 航太郎さん。
いつも笑顔で迎えて下さいますがその背中の熱さは一入。









南海荘」・竹中さんと「ラ・カッシーナ」の小森さん。
小森さんは竹中さんの修行時代の先輩。
お二人の会話が本当に面白い。



竹中さんの料理を作り続ける小森さん。
ここだけの光景。。



歌手マドンナのパーソナルシェフも務められた、
マクロビオティックの西邨マユミさんがゲスト出演して下さいました。
素晴らしいご縁をありがとうございます。



世界を舞台に活躍される西邨 マユミさんの料理を
こんなにも身近で大勢の方と頂ける機会を作って下さった「菜音ファミリー」に感謝いたします。













「平野パン」
森本さんのピザ!
子供達にも大人気でした!





岩屋 「正寿司」 の高橋さん
ビックリするほど美味しいです!
皆さん本当にびっくりしていました。

まさか夏のフグをこの場所で頂く事が出来る。
大将はいつも何も語りませんが、抜群の鮮度を保つ苦労と魚を獲って来て下さる漁師さんとの信頼関係が必ず存在しています。

一瞬で握り、一口で無くなる

「粋」

本当にありがたくもあり得ない環境に感謝致します。







「海山」山家さん
由良の鱧の天ぷら
鱧の子と塩を混ぜたタレにつけていただきます。
絶品です!





流石の人気に休む間もなく握り続けて下さいました。



チーム・「ダニエル」
オーナーパティシエの中村さん
いつもありがとうございます!



素晴らしいチームワーク



福良「平松食堂」の平松さん

鱧とワカメ漁麺のコンソメスープ
※ワカメ漁麺(魚のすり身×ワカメ×自凝雫塩)
協力:沖フーズ


薪で炊く容量100リットルの巨大釜での調理に挑戦して下さいました。

◇このサイズにしていた理由

調理を終えた料理人さんの食材がこの釜に次々投入され、終盤にはその日に使った食材全てから煮出した出汁を皆で味わう!
という段取りだったのですが、まさかの誰も入れに来ないというサプライズ!
これもノープランならでは。。
来年こそ??



胃袋に優しいホット安らぐ味。















「スピカロース ザ バー」 バーテンダー奈良さん
ノープランオリジナルカクテル

伊弉諾の涙





「バジルプリュス」の青木さん、いつも裏で支えて下さっています。



「平野パン」鈴木さんのパン教室のはじまり!



おかわり!







「ゲストハウス花野」の花野くん
いつもたくさんの刺激を頂いています。
彼が同級生というだけで嬉しくなる。







「ラ・カーシナ」の小森さんの自家製ベーコンとソーセジ!
絶品です!
鈴木さんのパンにはさんで食べるとこれまた美味!!
子供達に大も人気でした。











絶対に喋らないと言っていた小森さん。
あっれっ?
発見!
どんな様子だったんでしょうか。。











パーティーはまだまだこれから



由良 「海山」 山家さん





DJ・シューさん
いつもポジティブなメッセージありがとうございます!



18世紀のフランスの器「肉汁の皿」
初披露!
今回は塩釜で。





切っても肉汁がこぼれていませんでした。
スゴ技火加減
また食べたい・・



この肉はオレが切る!
そんな気迫が伝わってきました。



二回に分けて握って下さいました。
またすぐに食べたいものばかりです。



岩屋「正寿司」



竹中さんも2品目の料理へ
これぞノープラン!







まさかの小森さんと竹中さんのパスタ共演!







平松さんのスープとのコラボパスタ!



器は塩壺で!











「香港ガーデン」新阜さん
昨年に引き続き前代未聞の領域に挑戦して下さいました。
30キロオーバーの猪を塩釜で
スタッも一丸となって挑みましたが、火加減も難しく、途中で中に火が入ってしまいました。
が、最後まで諦めません!



食べれる部分を探して取り分けていく。



日頃は猪を食べない猟師の斉藤さんのお孫さんも
「美味しい!」と、喜んでくれました。
翌日斉藤さんから「いいモン見せてもらってありがとよ!」
と声を掛けていただきました。
いろんな物語が生まれる場でもあります。









全てこの日の為にご用意して下さったオリジナルカヌレです。
贅沢過ぎます。。





「ダニエル」オーナーパティシエの中村さん
いつも本当に素晴らしスイーツをありがとうございます。
味はもちろん!流石のパホーマンス!
一瞬にして人だかりができていました。





ダニエル特製クレープ!







中村さんをはじめダニエルスタッフの皆様本当にありがとうございました!





最後は恒例の「スフィーダ」・真野シェフの「かき氷」
今年も頂く事ができて幸せ!!
ありがとうございます。






皆様本当にありがとうございました。
来年また皆で集まれる日を心より楽しみにお待ちしています。
その前に打ち上げやりましょうね〜!!

2013.10.07 Monday

縄文まつり

 
「縄文まつり」に行ってきました。

様子はこちら→



写真:山脇 慎也さん

2013.09.27 Friday

no plan party  2013-08-26

2013-08-26
no plan party  

〜島の小さなお祭り〜

写真家・茂木 綾子さんが当日の様子を映像におさめて下さいました。

素晴らしい映像に感動です。
本当にありがとうございました。

是非ご覧下さいませ。






映像はこちら → http://www.youtube.com/watch?v=ir3KOXEv9ic

http://www.youtube.com/watch?v=ir3KOXEv9ic
2013.08.31 Saturday

ノープランパーティー 〜島の小さなお祭り〜  vol.3


8月26日「ノープランパーティー」当日。
目が覚めると外は大雨。
今日はどうなるのかなぁ。。
なんて考えていると一本の電話が、

「兄やん、猪2頭捕まったから今日のパーティーまでに捌かんかぁ。。」

農家をしながら狩猟免許をとり獣害駆除にも取り組む斉藤さん

何か大丈夫な気がする。
と、訳の分からない自信と確信。
そこから一気にエンジンがかかります!



近所の罠に駆けつけてみると、充分なサイズのイノシシが2頭捕まっていました。



いち早く設営チーム&火付け隊が会場を整えていきます。



火の事ならお任せの西岡さん。



なんでもこなしてしまうエイジング(特殊塗装)の前田 達也さん。
いつも裏で支えて下さっています。



薪は全て材木屋さんから頂いてきた廃材を仕様。
いつもありがとうございます。





3連釜戸。



今年も窯場はもちろんこの人!
旅館若潮の田辺 航太郎さんです。



淡路島の郷土料理・宝楽。
ノープランパーティーに欠かす事の出来ない味。
火の通り方がこの上なく上質。



丸山の鯛。



現場で捌いていきます。



今年も見れました。
平松食堂の平松さんと航太郎さんのコンビ!
二人が並ぶと癒しのオーラがすごい!
マイナスイオンが会場を包んでいきます。



同時刻。
少し離れた場所で、今朝捕まえた猪を猟師さんが2人で捌いて下さいました。



今朝まで走り回っていた、捌きたての猪の肉。
お昼過ぎには会場に届けて下さいました。
まさに、「ノープラン」



斉藤 久行さん早朝から本当にありがとうございました。



一月前に淡路島・灘で捕って下さった野生の鹿肉。
事前に大阪 スフィーダ・真野シェフに送り熟成してい頂きました。
こんな状態の肉を見るのは猟師さんもはじめての事だった様子。
真野シェフとしばらく肉の話題で盛り上がっていました。



「そんなんやったらまた、捕ってきたろ!」
嬉しいお言葉を頂きました。^^



そうこうしている間にも着々と窯は温まっていきます。


雨でビショビショだった窯もお昼過ぎには最高のコンディションに!!
雨で冷え切っていた会場が徐々に熱を帯びていきます。



香港ガーデン新阜さん

今回初めて参加して下さいました。


花岡農恵園さんの合鴨米を役目を終え生肉となった合鴨のお腹に詰めていきます。
循環型農業に取り組む花岡さんに共感し、その想いに自身の料理でほんの少しでも関わることが出来ればという想いがあります。
命のリレー。
食材を余すことなく使い、最後まで届け切るのが料理人の努めと語る新阜さん。
本気です。


※花岡さんの合鴨農法の様子はこちら→☆




五色OGFが取り組んでいる合鴨農法で活躍した後、生肉なった合鴨。



会場が窯元だという事で合鴨を丸ごと一匹、陶土で包み込み。
石窯で蒸し焼きにしていきます。

遊ぶことは忘れていません!!



まさしく陶工と料理人のコラボ!



なんとも不思議な調理場です。。



一羽完成〜



投入〜




この日の為に背の高い2連トーマス窯作りました。



そして本日の炭はこちら!
淡路島・奥畑の備長炭。
お爺さんが自作の炭窯で焼かれています。
先日、窯の天井が崩れこれが最後になるかもしれないとおっしゃっていました。
今日はこの炭で淡路島ジビエを焼きます!

宴の要。



どんどん続きます!
淡路島・天然スッポン!
2キロ越え!



この日の為に3匹。
淡路島の天然モノをご用意して下さいました!
ギリギリまで捕獲にトライし続けて下さった生産者様に感謝致します。
料理人の向こう側には信頼のおける生産者の姿が常にあります。
料理人の背中が熱いのは自然な事なのかもしれません。





何だかすごい光景。。

この日の新阜さんはめちゃくちゃ面白かったです。。



こちらは遥々大阪からお越しくださった、スフィーダ・森川シェフ。
大量の仕込を現場で次々とこなして下さっていました。



おなじみ、スフィーダ・真野シェフ。
ミスターノープラン!
ノープランパーティーに最も強い男という噂も・・・

今回は新阜さんも凄まじかったなぁ。。



息をつく間もな次々と仕込が行われていきます。
その数150人前!

急きょ今朝捕まった猪2頭も待機中〜



飛び込みで手伝って下さった、
前・淡路島クィーンのはずきちゃん。
ありがとうね〜
来年は最後まで一緒に遊びましょう!



おにぎりも150人前。

いくら用意しておいても毎年必ずなくなるところがすごい。。
同級生のサユリさん夫婦揃っていつもありがとうございます!
あっ、そろそろ美観味sanmiメンバーに登録して頂かなければ・・・



南海荘・竹中さん



「素材の味をじっくり味わって頂けると嬉しいです。」
いつも本当に楽しそうに料理をされます。



さて、いよいよ開始!



「はたらくカタチ」チームも遊びに来て下さいました。

不思議なご縁でgrafの服部さんが第1回から今回に至るまで、3年連続で遊びにお越し頂いています。
ノープランパーティーの日は毎回、偶然淡路島に来られているそうな。
嬉しいご縁です。



ざわざわ。



今回のBGMは菜音チームにお願い致しました。
快く引き受けて下さり本当に有難い限りです。

軽快なリズムで場を盛り上げていきます!

淡路島・ネットワーク全開!!



ゴーヤBar

スピカロース 奈良さん
ウエスティン・バーテンダー 蒲生さん

一夜限りの贅沢な共演。



















岩屋・正寿司



北坂たまご





平野パン





丸山・旅館若潮の宝楽。



航太郎さんが宝楽の説明を。
「お客様の声を聞きながら料理をできる事が嬉しく思います。今日は本当にありがとうございます。」
どこまでも謙虚な姿勢。



青木さんのバジルを太刀魚で巻いていきます。
イメージは鳴門の渦潮。
福良で平松食堂を営む郷土愛を込めて。









青木さんのバジル+太刀魚の鳴門巻き
&バターナッツスフレのポタージュ(渦潮世界遺産登録バージョン)

名づけて

うずしおスペシャル!!

平松食堂・平松



海山・山家さん



由良で猟師をされる山家さんのお父さんが自ら潜って獲って来て下さった赤ウニ。
今朝獲れたての鮮度抜群のウニ。
直接会場に届けて下さいました。
15メートル潜るそうです。



漁師(父)の想いをしっかりと噛み締めながら、鮮度を保ちながらいかにお客様に届けるか!?
熱くならざる得ない。

「海山」今回初めてノープランにご参加頂きました。







常に生産者さんの想いと過ごす竹中さん





素材の味をなるべくシンプルに届けたい。



淡路島西洋野菜の柴山さんのトペッポロッソと、小葉のバジルファインナノ、
当日水揚げされた丸山の大カマスを天然酵母のバゲットで!





昆布〆にしたカマスとバジル、トペッポロッソを薄切りバゲットにのせて。

南海荘・3代目竹中






美観味sanmiの兄貴こと
岩屋・正寿司 大将 高橋さん

お寿司を握って下さいました。

すごいスピードでなくなってしまい、握っている様子の写真がどこにもありませんでした。。
やはり皆さんお寿司が食べたかったようです。。

いつもさらっと皆を支えて下さっています。



食育?



食育??



お姫さま☆















DJ・シュー。



FBI







海山・山家

鱧(由良)の天ぷら

山家さんが信頼している由良の鱧漁名人がこの日の為に獲って来て下さった鱧。
義理と人情は決して欠かすことはない。



ダニエルさんのパン





ダニエルのオーナーシェフ・中村さん

「鮎のアクアパッツア」





今年もダニエル カヌレ 贅沢に150人前ご用意して下さいました!







平野パン・鈴木さん









料理研究家の堀田さんからお花のプレゼント。















今回のメインは淡路島ジビエ。

鹿(灘)の熟成肉。
猪(鳥飼)の燻製。
カボチャソースと





500本その場で仕込んで下さいました。







皆で虫をずっと探していたみたい。。^^



もう一つのメイン。

「乞食鳥」



香港ガーデン・新阜さん

「乞食鳥」の解説。

代の末[2]か、代の初め頃、江蘇省常熟県の虞山の麓あたりで、食べるものに困った乞食が偶然に鶏を手に入れた[3]が、調理の手段を持たなかった。仕方なくそのまま泥で鶏を包み、土中に埋め、その上でたき火をした。その後、鶏を掘り出して食べたところ、柔らかくて大変に美味な上、泥といっしょに羽根もきれいに取ることができた。

これがきっかけとなって、改良を加え、「下ごしらえをした鶏をの葉でくるんだのち、粘土で全体を包み、オーブンで蒸し焼きにする」という料理法が生み出され、1882年[4]に常熟市の「山景園菜館」のメニューとなり、蘇州市の「王四酒家」などの名物料理として定着したのだという。




3時間石窯でじっくり火を通した固く焼き締まった土をハンマーで割っていきます。



さて、いかに!?



バッチリ!!



メインは淡路島ジビエ。

愛鴨(五色OFG)











露しぐれ・新島さん

今年も体に沁み渡る出汁の効いた優しい味を堪能致しました。









疲労困憊の中、高揚感漂う、最高の笑顔!



最後の真野シェフの「かき氷」では料理研究家の堀田さんも参加して下さいました。

五色・日本蜜蜂ハチミツをふんだんに使った「かき氷」
&アルコールたっぷりの大人用「かき氷」



夏の終わりに最高の祭を皆様と過ごす事ができて本当に幸せです。

お越し頂きました皆様。
食材調達に全力でご協力頂きました生産者の皆様。
惜しみなく腕を振るって下さった料理人の皆様。
会場を盛り上げて下さったバーテンダー。
軽快なリズムで場を包んで下さった菜音チーム。
陰の立役者・ホールスタッフ&会場設営にご協力頂きました皆様。


そして今回事前に大量の食材を提供して頂きました。


たまご200個+平飼い有精卵

北坂養鶏所・北坂さん


干しタコ

ちりめん

ボイル海老

藤本水産・山下さん

本当にありがとうございました。
感謝致します。

最高に楽しかったです!

この場で感謝とお礼の気持ちを伝えきるのは到底出来そうにありません。
ご迷惑をお掛けした方、いっぱい助けて頂いた方々。
次回お会いできた際にゆっくりお話しさせて頂けると嬉しいです。
今後とも宜しくお願い致します。

2013.06.26 Wednesday

鰻BBQ!


器を見に来て下さった福良の「平松食堂」の大将・平松さん!

無理を言って鰻を捌いて下さいました。

本当にいつもありがとうございます!^^









「肝洗って水に浸けとくので後で肝吸いでもして下さいね。」
当たり前のように食材を大切にされる平松さん。



あっという間に9匹も!
早くて綺麗!!

やっぱり料理人さんはすごい!!
本当に助かりました!
ありがとうございます。

いつか僕も捌けるようになりたい。。



串に刺して炭火で焼いていきます。



何度もタレを塗りながら。。



なかなかいい感じに焼けてきました!



炊き立てのご飯にのせて完成〜!



鰻の骨を炙って出汁をとり。
うなぎ肝吸い完成!

鰻の肝は目にとても良いのだとか。
昔は捌いた際に肝を生で飲みこんでいたそうです。



先日。斉藤さんから頂いた灘の野生鹿肉も一緒に焼いていきます。
こちらも絶品!!



食事はゴーヤハウスにて。



子供達も大喜び!



ごちそうさまでした。

皆さんいつもありがとうございます!

2013.02.27 Wednesday

美観味sanmi 新年会(ジビエ編)


2月25日、「割烹はと」にて遅くなりましたが美観味sanmi の新年会を開きました。

今回は農家をされながら害獣駆除の為に猟師もされている斉藤さんとの出会いをきっかけにとても身近に感じるようになった害獣問題から発展して、料理人の皆さんがジビエ料理に挑んで下さいました。



二週間ほど前に捕まえてさばき、冷凍保存させておいた淡路島の野生の猪肉です。





吉田さん(割烹はと)茵 Α‥鎚奸々丗析困気鵝若潮旅館





厚切りのてっさ。
なんとも贅沢なボリュームです。



こちらは猪肉。





藁で燻少し香りをつけていきます。
この時点ですでに美味しそう過ぎます。



猪のサラダを!
青木さん(バジルプリュス)が届けて下さったパソナ農園隊のお野菜と一緒に。





五色野生猪肉・パソナ農園隊のお野菜と一緒に



鹿肉を煮込んで料理に使うソース作り。



福良で「平松食堂」を営む平松さんが急きょコロッケの準備を。



先ほど吉田さんがとったダシがらの鹿肉を利用して、コロッケを作って下さっています。
食材を一つも無駄にしない姿勢が場を盛り上げていきます。



正寿司」の高橋さんも登場するやいなやコロッケ作りに参戦!





平松さん即興、鹿肉コロッケ!
一品追加です。





こちらは「スピカロース」の奈良さんが今回ジビエに合わせてセレクトして下さったワインです☆
野生の肉に合うように少しパンチのあるワインをセレクトして下さいました!



料理の途中に奈良さんが、
このタイミングで頂く泡が最高〜!



厨房で頂くワインは格別です!





こちらは淡路島の阿万・本庄で獲った野生の鹿肉です。





シカステーキ・パソナ農園隊の野菜と共に!(吉田さん作)







ジビエ、とはいいつつもやっぱりお魚は嬉しいです!



フグの白子。大きい!!



イノシシの土手焼き!



料理も半分出そろった時点で、今年も皆さん宜しくお願いしま〜す!



料理人の皆さんが一人ずつお料理の説明をして下さいます。
想いを聴かせていただく事でまた一つ旨味が増していきます。



平松さん(平松食堂



料理人の皆さん、いい顔しています!



実食!



新年会中盤から調理場がまたまた慌ただしく動き始めます。



新島さん(露しぐれ)が仕込んで来て下さった猪肉チャーシュー





同じく新島さんが仕込んで来て下さった煮卵。



スープは平松さんが猪骨を事前に長時間煮込んでとって来て下さいました。
当初は味が上品すぎ少しあっさりしすぎていたので、魚介スープを別にとり、この日の為にオリジナルスープを仕込んで来てくださいました。
鹿肉のだしがらコロッケに始まり猪の骨と、食材を余すことなく使い切る事を徹底されています。
いつも笑顔の平松さんの背中は熱い!



気付けば必ずフォローに入られている航太郎さん、空いたスペースにすかさづ入るチームプレーが本当に気持ちがいい。







完成に近づき真剣な表情から笑顔がこぼれはじめていきます!



ホールサービスもお手のもの!
「猪骨ラーメン一丁〜!!」



平松さん(平松食堂)と、新島さん(露しぐれ)のコラボ!

「猪骨チャ−シューメン!」

+航太郎さん(旅館若潮)のサービス付き。



パーティール−ムに届け終えた後は猪骨ラーメンスタッフで厨房にて実食!



笑えるほど旨い!!



ありがとうございます!



こちらは柴山さんの西洋野菜。






柴山さんの大事に育てた珍しい野菜!

ラディッキョ・ロッソ タルディーボと、ルッコラコルチバータの花を、塩とオリーブオイルで!

「素材の味をなによりも楽しんで頂きたい!」 by竹中さん(南海荘



貴重なお野菜ありがとうございました!!





二回目の〆



すでにいい感じに出来上がってはいる!?



猪骨ラーメンから猪肉パスタへとバトンタッチ!
猪パスタの完成を見守るチーム「猪骨ラーメン」



青木さんが只今開発中の新商品を早速パスタのソースへと!
食への探求心が周囲を魅了し始めていきます。



パスタと絡めていきます!





こちらは、真野シェフ(sfida)のイノシシ即興パスタ!
イノシシの皮も使われてます!メンバーの中では、唯一常時イノシシを扱ってらっしゃいます!



ラストはこちら!

竹中さん(南海荘)猪のモモを使って、1か月熟成させた禁断の生ハム☆
柴山さんの野菜サラダ+オリジナルバゲットで!



0時を過ぎ、2月26日を迎えるとその日は偶然にも茂木さんのお誕生日!

「お誕生日おめでとうございま〜す♪」

竹中さんのケーキがこの日は特別に「割烹はと」スタイルで!
何だかとても有難いお誕生日ケーキへと。。。
良い年になりますように!




※これ以外にもたくさんお料理を作って下さっていたのですが写真に収める事ができませんでした・・・


今回の新年会には、少しだけ裏テーマとして害獣問題(淡路島ジビエの可能性)のようなモノが話の流れの中にはあったのですが、
はじまりだすと料理人の皆さんは調理に夢中!
他の仲間達は食べる事に夢中!
そこには楽しい会話が生まれ、温かい空気が流れ始めていました。

害獣問題で取り上げられている野生動物達も料理人の皆さんの手に掛かると有難く感謝して頂くべき食材へと変わります。

驚く事に野生独特の臭みなどは一切なく肉の旨味が前面に出ており、ただただ美味しいの一言に尽きます。
ほとんどの方が、日頃ジビエを扱う料理人ではないのですが丁寧に仕込、素材を大切に想う気持ちがあればこんなにも美味しく頂く事が出来るという事実がありました。

そこには農家さん、漁師さん、猟師さん、料理人の皆さん、そして頂く人達へと想いが丁寧に渡されていく様子を感じ取れる関係性があります。

このような事が出来る自分達の状況と環境に心から感謝致します。

そして今回、野生猪肉の入手に全面的にご協力下さった斉藤 久行さん、本当にありがとうございます!
斉藤さんは本業は農家をされておりお米も販売されております。
よろしければこちらからお問い合わせくださいませ→ 

今後とも皆様どうぞ宜しくお願い致します。


2012.10.02 Tuesday

New Step Festival 前夜祭


 9月29日に台風が近づく中、サンライズで行われた「New Step Festival」前夜祭の様子です。

数ヶ月も前から幾度となく仲間達で集まり、打ち合わせを繰り返しながら決めた事が少しづつカタチになっていく。
実はそんな道中が楽しかったりします。
そして、どんな状況であれ一緒に楽しみきれる仲間がいる。
雨の中足を運んで下さるお客様がいらっしゃる。
こんな幸せな事はないです。
僕にとってNew Stepとはそんな時間を皆で作り出そうとする一歩だったのかもしれません。
そんな場に関わらせて頂けた事を心より嬉しく思います。
台風を目前に流れた最高の時間。
あの場に集まって下さった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
あっという間でしたが、最高に気持ちいい時間をありがとうございました!
本祭は残念ながら中止となってしまいましたが30日の為に数ヶ月に渡り準備をしてこられた人達がいます。
見たかった!
感じたかった!
というのが正直な気持ちです。
いつかまたこのような機会があれば是非、参加させて頂きたいです。
ご協力頂きました皆様、お越しくださいました皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。



※写真は針山 千賀子さんが当日の様子を撮って下さったものです。
是非ご覧下さいませ。



今回はなんと!
三連トーマス窯!!
火を付けるだけでも大変!!



皆泥んこ!!



ドキュメンタリー映像のようなシリアスな雰囲気。
皆真剣そのもの。



お客様に楽しんで頂くため、黙々と準備を進めていきます。



女性陣も雨の中テントを張ります!



料理人も雨に濡れながらの段取り。





照明の位置を考えながら、



誰も手を休めない!





破れたところの補修作業!
嵐への備えは万全に!!



「台風!?」
「やるしかないっしょ!」



おにぎり部隊参上〜!!



ナル木で組んだテント!
年期が入っています。



これが一合やから、あと29杯かぁ。。。



三升焚き!!





暗闇対策は万全に!!



ひたすら料理人のステージを作る!!
最高のバトンを渡したい!

「働かざる者食うべからず!」
by nishioka



火。大丈夫すっか〜!?
ホンマは心配してませんけどね〜
by ドラゴンさん!!



30号のお米は重い!!
これぐらいもいい暮らし
by はずきちゃん





小空カフェさん
さすがに可愛い出店!!
場が華やかになりました。







「台風??」





三連トーマス窯!!



今回の美観味sanmiのステージ完成!!



あっち!あっち!



設営陣から料理人へとバトンタッチ!



トーマス窯をコントロールする木製モップ!
どんな温度にも自由自在。





いつも手際のいい動きで調理場を支えるカンチルの聖子ちゃん。
抜群の安定感です。



鳥飼・秋田板金の裕也君が作ってくれた燻製マシーン!!
本日デビュー戦!!





Tシャツと合わせ。



徐々に持ち場が決まってきます。





ミュージシャン達のリハスタート!



幻想的な景色





藁葺きステージも夜に向けて動き始めました。







小空カフェ・美味しそう過ぎます。







300食の仕込は初めてです。



全体を見渡し続ける料理研究家の堀田さん。
頼りになります。





最高の笑顔でお出迎え。



おにぎり部隊・隊長の万里さん。
真剣なまなざし。



さ〜、準備OK!!



ぎゅっ!ぎゅっ!



ぱっ!




3日前に収穫した五色の新米。
採れたてホヤホヤ



淡路島牛!!



炭火で豪快に!



料理研究家の堀田さんのフードスケープ!
初めて実物を見ます。
ワクワク。



いよいよライブスタート!!



トーマス窯が火を噴きます!!



厨房のボルテージも上がります。



grafの服部さんもお手伝い。



さすが!盛り付けが繊細。







ゆっくりコトコト。



ワン ツー スリー!



ゴシゴシ           ポリポリ



もちろん卵の数も300人前!!
剥くだけでも一苦労。。。



出雲麺業の出雲さん。
自ら調理場に立ちます!!



旨い!!



facebook!!



お客さんが入りま〜す!!





台風なんかに負けない!





完成!!
実物の迫力はすごかったです!!



どこも大忙し!!





五色の新米おにぎりは淡路島名物の大江のりで!



FBIからは吉村さんと米田さんが遊びに来て下さいました。
雨の中ありがとうございました!



上がってきました!!



補修したはずのところから雨漏りが・・・





全ての食材にしっかりと味付けされています。
素晴らしい〜!!

台風を食い尽くせ!!
って事で今回のフードスケープのモチーフは台風!!





おにぎりも大人気!!





「・・・・・」





屋台の前は長蛇の列!!





時々、テントにたまった水を流しながら・・・





本当に皆さんよく働きます。
素晴らしいチームワークです。



真野さんから料理の解説を!



New Step Festival!



陽が沈み、さらに幻想的な空気へと





スゴイ熱気が会場を包みはじめます。



美味しくないわけがない。

























今度はステージの上から料理の説明を!



僕も少しだけ、
お酒も入って変なテンションで上がってしまいました。



茅葺職人の相良 育弥さん
素晴らしい方です!
今度は是非、ご一緒させて頂きたいです。



あっという間にお完売です!







徐々に会場のボルテージも上がってきました!!



小空カフェの前は常に華やか!!
素晴らしい。



藁葺ステージいよいよ始動!!





気持ちのいい時間が流れ続けていました。





藁葺ステージでは皆朝まで踊り続けていました。



30日の本祭は残念ながら台風の為中止となりました!!







台風の中集まって来られた、ミュージシャンが、二日間泊まりで来られていたお客さんの為に、有志で体育館にて特別ライブを披露して下さいました。



最後まで楽しみ切る!













途中皆でラジオ体操。









素晴らしい時間をありがとうございました。



■ 写真  針山 千賀子さん





2012.09.01 Saturday

『ノープランパーティー』  島の小さなお祭り


美観味sanmiの主催による『ノープランパーティー』を先日行いました。 

本当に美味しいモノを食べた時に人は笑顔になる。
出来るだけいろんな人達とテーブルを囲みながら、
地元の方から様々なシーンでご活躍されている幅広い人達と一緒に、
島の小さなお祭りをメンバーそれぞれが思うように手作りで仕上げていきます。
共通点は面白い事がしたいというただ一点だけ。
夏の終わりに淡路島の恵みを皆で分かち合うところから始めれたらと思います。

当日は本当にいろんな方に助けて頂きながら自分達も大満足な時間を過ごさせて頂くことが出来ました。
お越しくださいました皆様をはじめ、ご協力頂いた料理人、生産者の皆様、サポートして下さった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
感謝の気持ちはとても言葉では伝えきれそうにないので、当日のお祭りの様子を撮って下さった針山千賀子さんの写真を中心に少しでもお伝えできればと思います。
よろしければどうぞご覧下さいませ。









福良で創業60年の「ひらまつ食堂」をされてる平松さん(左)
おなじみサンミメンバーの「若潮旅館」三代目の航太郎さん(右)
本日初めましての共演です!
息がぴったり!







おなじみサンミメンバー、Basil Plusの青木さん
バジルを植木鉢ごと持っての登場です!
今日もパリット決まっています!



バジルのいい香りが広がります。



黙々と魚をさばき続けていきます。



あっ! クワガタ発見!!



火付隊。



Barで使う氷



この日の為にソムリエの奈良さんがセレクトしたワイン。

  • ワイン説明 フェウド・アランチョ ダリアとカントドーロ

    『カントドーロ(赤ワイン)』と『ダリア(白ワイン)』のコンセプトは「出会い」。国際品種とシチリア地ブドウの素晴らしい出会いを、シチリアに伝わるカントドーロ(男性)とダリラ(女性)のラブストーリーに重ねています。

    ダリアはイタリアの地ブドウ品種(グリッロ)80%と国際品種の(ヴィオニエ)20%品種をアッサンブラージュ(ブレンド)しています。

    同じように、カントドーロはイタリアの(ネロ・ダーヴォラ)と国際品種の(カベルネソーヴィニヨン)をブレンドしている。

    それぞれのブレンドにより、お互いの個性を相乗させ濃厚で果実味の豊かなワインに仕上がっている。

    ラベルに描かれている楽譜は、シチリアの地域で、お祭りが催される際に歌われたりしているそうです♪

    歌詞の内容は、シチリア産「ロミオとジュエット」ではないでしょうか。

    この地に伝わる愛の歌
    シチリアの小さな村で幾多の物語が生まれた

    バルコニーに立つダリラ
    カーテンを開けて外を覗けば不安な心は情熱へと昇華しそして愛が始まる

    くたくたに疲れた一日の終わり
    彼を見つけて幸福に包まれる
    そこにいるのはカントドーロ
    バルコニーの彼女を見上げてキスを贈る

    この地に伝わる愛の賛歌
    そして二人の物語が始まる
    日が暮れてしまう、その前に




    鳥飼の漁師さんがタコを届けて下さいました!





    釜戸には宝楽鍋がよく似合う!



    いつも裏を支えて下さる青木さん。
    毎回駐車場の整理やお客様の誘導をして下さっています。
    「最初が肝心。会場に気持ち良く入ってほしいので、」
    料理人を支える生産者でありながら、当日もきっちりと料理人にバトンを渡している姿がカッコ良すぎます。
    ちびっこ達ともトランプを!
    出来過ぎです・・・







    薪割隊長・西岡さん。
    この人がいないと火は起こりません。
    ある意味今回の肝!
    暑い中本当にご苦労様でした!









    ニュー洋食 game  から日浅 翔太さんも手伝いに来て下さいました。



    炭焼きステーキとワイン ロマン亭 からは岡 稔さん!
    最高のお肉を仕入れて下さいました。
    ありがとうございました!



    ナイススマイル!





    薪はいつも地元の材木屋さんから廃材を頂いて使用しています。
    本当に助かります。



    いざ、出陣!



    お父さん大活躍でしたよ〜♪





    現場の食材で即興でどんどん品数を増やしてくれるスフィーダ・真野シェフ!
    ノープランに最も強い男!!





    トーマス窯の使い方を一番分かっている料理人。



    今回、吉田さんは燻製に挑戦!!



    この日の航太郎さんは熱かった!!



    遠いところありがとうございました!



    バケット+ヨーグルト+6年蜂蜜。
    KANTIRU
    の聖子ちゃん作。

















    木工 花 tsuzuri +家tsuzuriの片山実里ちゃんも手伝いに来てくださいました。
    ありがとうございます!














    淡路島ビーフの岩塩焼きトーマス窯使用!!



    裏で出汁をとりながら出番を待ち続ける「露しぐれ」の新島さん。
    料理人達の影の仕込が場を盛り上げていく。







    終始料理人達のサポートをし続けてくれたカンチルの聖子ちゃん。
    いつも陰で皆を支えてくれています。







    鳥飼の秋田板金の裕也くんが作ってくれた燻製マシーン!
    道具も全部手作り。



    淡路島ビーフを今度は炭火で!



    真野シェフ最高〜!!





    淡路島はやっぱりタマネギ!





    ひたすら料理し続けてくれる料理人達。
    皆の背中が熱い!





    最高の祭り日和になりました。











    Nara-Bar



    ソムリエの奈良 正幸さんが9月末にBarをオープンされます。
    只今準備中!

    Spica Rose
    THE BAR

    スピカロース

    〒656-0462
    南あわじ市市青木114-5
    アワジ花ホテル1F

    TEL 0799-42-3831



    航太郎さんのあいさつ。
    「皆さんが喜んで下さる声を気配を背中で感じながら料理をさせて頂ける。こんなに嬉しい事はないです。今日は皆さんありがとうございました。」
    グッときました。
    本当にいい顔してました。









    少し口下手な吉田さん。
    でも食べた人は皆きっと分かっている。
    こんなに料理に誠実な人はなかなかいないと思う。











    今回BGMを担当して下さった「音民」
    ここまでに至るエピソードが面白すぎです!
    当日は会場を盛り上げて頂いてありがとうございました。





    お忙しい中、遠くから駆けつけて下さった、ダニエルのオーナーシェフ・中村さん。
    この日の為にスイーツをご用意して下さいました。
    本当にありがとうございました!











    ダニエルさんのノープランパーティー特製ドルチェ。
    到着すると同時に厨房に入り、一つ一つ綺麗に盛り付けて下さいました。
    素晴らしいデザートをありがとうございました!



    とにかく絵になります。



    皆でシュウマイを包む様子が微笑ましい。
    料理を通じて繋がっていきます。
    作るところも一緒に出来るのがお祭りのいいところ。



    いよいよ新島さんの出番です!













    絶品はもスープは由良は「露しぐれの」新島さん。
    この日の為にいろいろと試行錯誤して下さいました。
    ありがとうございます。







    スフィーダ・真野シェフが今年も特製かき氷を仕込んで下さいました!
    一体、一人で何品作って下さったのか。
    現場での対応力が半端じゃない!



    あいさつのタイミングを掴めずに後半にようやく一言だけ。
    これも「ノープランパーティー」ならでは!?



    最後にNew Step Festivalの代表ドラゴンさんからフェスに掛ける熱い想いを!
    「淡路島の人達と手を繋いで面白い祭りを作りたい!」
    こちらも楽しみです!!
    ご注目下さいませ!





    〆のおにぎりの人気は今年もすごかったです。





    皆様、本当に本当にありがとうございました。
    ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

    来年の夏の終わりにまたここでお会いしましょう!

     

Powered by
30days Album