田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.06.25 Saturday

擂鉢制作中。

 

只今、工房では大中小の擂鉢を制作中です。

土鍋に擂鉢、漬物壺に塩壺。

暮らしの道具作りは楽しい。

 

 

このような道具を暮らしに取り入れてみると、ライフスタイル自体が少し変化する。

日頃してこなかった体の動き、ゴマや塩をすり潰す時間。

ほんの少し食べ物の事を考えてみる。

それだけで、食卓が潤うかもしれない。

 

そんな気持ちが僕の中に本当にあるのかないのか?

 

実のところあまり実感はないのだけど、
こういった道具作りが楽しいという素直な動きに体を指先を動かして作っています。
道具が持つ機能から生まれたシンプルなフォルムに魅せられているのかもしれない。
焼きあがりましたら、HPにUP致します。
HP上の器は全国購入可能となっていますので、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

 

 

2016.01.20 Wednesday

素材探しの旅。その3


つくも窯

十場 天伸さんに会いに行ってきました。







玄関先のスリップタイルが可愛い。。



囲炉裏の前に荷作り待ちの器がずらりと並んでいました。



















倒炎式の構造と焼き方を教わってきました。
描いていたイメージとピッタリの窯で、細かいところも全て快く教えて下さり、本当に有難かったです。

2016.01.20 Wednesday

素材探しの旅 その2


西良さんに教えて頂いたLondon Classics へ少し寄り道を、

凄過ぎました。。

物量と世界観に舞い上がってしまい、終始興奮状態。。



















無造作に置かれたバーナード・リーチの器。



スリップウェアの器も数十点。。



近所にあると毎日通ってしまう危険なお店でした。

2016.01.20 Wednesday

素材探しの旅。その1


古材!古材!と、あちらこちらで叫んでいると、

wedgeの西良さんから、お声掛け頂きました。
「山小屋キッチン」に使う古材を頂きに川西まで、
かわらや・安富さんにトラックをお借りして、
行ってまいりました。

ただただ有難いです。。
皆様、ご協力頂きまして本当にありがとうございます!


































どこもかしこもカッコ良くて、一日中居ても飽きそうにない場所でした。
西良さんの古材?アンティーク?話。
背景に物語のある言葉は味わい深く、この場所の歴史もほんの少し垣間見る事ができ、貴重な時間となりました。

頂いた古材や建具をどう組み合わせていこうかと、あれこれ考えていくのが楽しみです。
ありがとうございました。

2016.01.20 Wednesday

木柱


五色町の石田木材さんにご協力頂きまして、 
木柱を建てました。



7メートルのトラックにギリギリ。



ユンボで穴を掘って、





10mの木柱が吊られる様は圧巻。



両サイドをロープで引っ張りながら、穴の位置まで動かします。







深さ2mの穴をセメントで埋めていきます。



完成〜!!
すごい存在感!!



一度は役目を終えた電信柱が「山小屋キッチン」で再び活躍します!
昭和な外灯を付けたい。。
番地プレートも自作したいところです、、




心配していましたが、2日勘続いた嵐のような寒波にもびくともしませんでした。
これで一安心です。

2016.01.16 Saturday

コラージュ


昨日、淡路市の元消防倉庫だった前に置かれていた「かまど」を頂いてきました。
大切に扱われてきたのだろう、保存状態も良く、いつでも準備万端と言わんばかりの佇まい。
「かまど」が僕のところに届くまではいろんないきさつがある。
元の持ち主の手を離れて、何人かの目にとまり、出番を待ちつつも、大事に使ってくれそうな人の元へ行くのが最善という思いで、皆さん譲って下さいました。
ありがとうございます。

「かまど」にはいろんな方の想いが詰まっているし、様々な景色を見てきたのだと思う。
想像すると本当に有難い。。

引き続き、古いモノを探し回っていきます!
ご縁あるモノ、気になったモノを繋ぎ合わせて空間を作り上げていく。

「山小屋キッチン」

地の食材を、地の人が調理し、地土を焼いた器に盛り付けていく。
人が集まる、真中でこの「かまど」に活躍してもらうつもりです。

今日も明日も、古材を譲り受けてきます。
その都度、組み合わせを考えていく。
この時間がたまらなく楽しい!

出会いと出合いがカタチを作る。
質感が世界を決める。

僕はそこで遊ぶ。





2016.01.10 Sunday

日々は回る

 
今年も斉藤久行さんの根付稲穂付しめ飾りを自作しました。
地元の方々に、いろいろ間違いをご指摘して頂きつつ。
来年はもう少し勉強したいと思います。



工房前の週末朝市。
不定期ながら徐々にリピーターも始まっています。
ありがとうございます。





無農薬コーナー!
地元の方が届けて下さった時の、少しの会話で、一日が晴れやかになります。



人気のブロッコリー、カリフラワー、ロマネスコ、連日完売中です。
有難い。



昨日は数日遅れのスタッフの誕生日会。
誰が欠けても困る。
でも、誰かが倒れた時には、別の誰かが立ちあがり、日々は回っています。
いつもありがとう!

2016.01.08 Friday

ドス


山小屋キッチンに暖炉を作りたいと思う。
使えそうな素材を常に探している。
何か転がっていないかと、常にキョロキョロしながら歩いている。
求めれば出会うものだと痛感する日々です。
ありがとうございます。




昔、瓦を焼くための泥窯(達磨窯)に使われていたロストル。
ロストルの事をこちらではドスと呼ぶらしい。
初めて聞きました。
これからは僕もドスと呼ぼう。

暖炉のドスに再利用させて頂きます。
ありがたや〜

2016.01.07 Thursday

逸る気持ちをそのままに


山小屋キッチンの木材を探している。
どんどん出会い、出合っていく。
イメージに近づいているのか、超えたのか、
とにかく楽しい。




大好きな木柱。
役目を終えた電信柱を山小屋キッチンの母屋に使いたい。



無造作に打たれた釘。
役目を終え、余韻となった。



この中から二つ選んできた。



このスイッチが好き。



トラスを山小屋の梁に、
レンガとの相性も良さそう。。

ここには好みの素材が溢れている。
ありがとうございます。

2015.12.29 Tuesday

餅つき


毎年恒例になりつつある、常連さんと、いつもお世話になっている地元の皆様とのお餅つき。



まずは大人のお手本。



次に子供の出番。



ちあり君。昨年は一人で付けなかったけど、今年は一人で10回つけました〜
一年経つのは本当に早いですね。。



皆でやるから楽しい!





最後はよもぎ餅。



鳥飼の漁師さんコンビ!
さすがにパワーが違います!!
焚くのを失敗した餅米もなんのその!
漲る力で一気によもぎ餅の完成です!
流石の一言でした。。



※樂久登窯の年内営業は12月27日(日)で終了いたしました。
年始は1月7日(木)〜
どうぞ宜しくお願い致します。
Powered by
30days Album