田んぼ   ハチミツクラブ  エッグ  偉大な獣   山から海へ   パンとコーヒー  祭り    道具と暮らす  淡路島を焼く  料理人の皿  其の外 
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.09.30 Friday

輪花豆皿

 

轆轤挽きした輪花豆皿に、淡路島白化粧を施しました。

 

 

 

2016.09.26 Monday

飯碗制作

 

亀甲面取り飯碗 & 鎬飯碗作りました。

鳥飼の土に淡路島白化粧を施しています。

 

 

 

2016.08.29 Monday

塩笥

東浦の土で塩壺制作。

耐火度が高く
土が焼き締まらないので
湿気を吸収し
通気性が程良い
塩を保存するには最適な土です。

 

 

 

いろんなサイズで、様々な釉薬で焼き上げます。

 

2016.08.27 Saturday

本日より通常営業

窯出しいたしました☆

本日より通常営業です。

 

 

淡路島鉄釉掛分

カフェオレボール

 

2016.08.22 Monday

灼熱工房

 

今日は窯を焼いています。

少なくなったギャラリーの器も週末には充実しております☆
それにしても夏はよく乾く。

 

 

※本日、22日(月)〜26日(金)まで樂久登窯は夏休みをいただいています。

27日(土)より通常営業致しますのでどうぞ宜しくお願い致します。

 

2016.06.30 Thursday

漬物壺制作

 

四年ぶりに漬物壺を作っています。

Rakutogama book制作の際に作った暮らしの道具達が、

四年の月日を越えて日の目を浴びはじめてきました。

 

 

 

 

こちらは四年前の制作窯出しの様子です。懐かしい。。

窯出し。

 

 

 

 

 

2016.06.23 Thursday

インターンシップ

 

昨日、カリフォルニアからTajが樂久登窯へ修行にやってきました。

「今日はゆっくりしてていいよ」って言ったけど、

本人はやる気満々で旅の疲れはなんのその。

 

という事で朝から早速、土作りをしてもらい、

昼から灰を頂きにいったり、

その後は水簸作業をしてもらったりと、

初日から土作りと釉薬作りをしてもらいました。

 

明日はこれに加えて早朝から田んぼの除草作業、工房の掃除、その後は土作り、釉薬作り、ここまでが午前中の作業となります。

成形までにはその他にも様々な段取りがあります。

 

涼しい顔で教えるつもりが、久々に一緒になって一連の流れで動いたので汗だく。。

少し弟子に頼り過ぎていたようです。

もっと感謝しないと、、

仙人ぶってる場合ではない。

 

 

僕も改めて修行です。

 

 

 

 

 

 

 

たった一日だけど、大勢の人達に慕われるTaj

いい仲間が増えました。

二か月間、みっちり体感していただきたいと思います。

 

体力もつかな〜

僕の。。

 

 

 

2016.05.13 Friday

惚れました


青空の下、土掘ってきました〜
いろんな土を掘ってきましたが、ショベルに足をかけて地面に突き刺す時に伝わってくる感触で分かる事があります。
これはいける!
あっ、ちょっと無理かも〜!
不思議ですよね。
でもね、出会いがしらで結構分かっちゃうんです。
説明できないけど、
今日は良い土が惚れました。
掘れましたと変換しようとしたら、惚れましたが先に出てきたので思わずこちらをチョイス!
出会いがしらの反応で決まる事も結構ある。
 

写真は木節粘土。
※亜炭層の下にある層状の粘土。灰色または暗褐色で、中に炭化した木片を含む。だそうです。
薪で焼くと綺麗な緋色が出るという人もいますが、はたしてこの木節粘土はどうでしょうか〜
 
2016.04.24 Sunday

淡路島洗面鉢

新たにオープンするお店の洗面鉢を焼かせて頂きました。
どのような取り付けになるのか楽しみです。



◆淡路島の土に液体状にした鉄を染み込ませそ、の上から貝殻の灰を掛けて1192℃で中性焼成いたしました。
 
2016.04.23 Saturday

淡路島ブルー

近頃ブルーの発色が綺麗です。
淡路島ブルーと名付けました。

Powered by
30days Album